風の力で疫病を追い払おうと、南砺市高瀬(井波)の高瀬神社は拝殿と手水舎に風車を取り付けた。

 神社は風をつかさどる神様「級長戸辺命(しなとべのみこと)」を祭っている。新型コロナの終息を祈るとともに、厳しい暑さが続くことから境内を涼しげな雰囲気にしようと初めて飾った。

 8月に神職やみこらが手作りし、250個を取り付けた。拝殿には新型コロナ終息や医療従事者らへの感謝をつづった短冊も置いている。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】