黒部市内を走る富山地方鉄道の電車と一部の路線バスが500円で1日乗り放題になる「黒部ワンコイン・フリーきっぷ」(くろワンきっぷ)を使い、市内を巡るイベントが11日に開かれた。市内外の13人がウオーキングやブドウ園でのヨガを楽しんだ。

 くろワンきっぷの利用促進につなげようと、黒部ワンコイン・プロジェクト実行委と黒部市地域おこし協力隊の鈴木杏奈さん(26)が企画。「食欲の秋、運動の秋」をテーマに女性のニーズを意識した。

 参加者は富山地鉄新黒部駅からJR黒部宇奈月温泉駅まで歩き、バスでコラーレまで移動。約2キロを歩きブドウ園「ボッサファーム」(同市沓掛)に着いた。

 同園のブドウ棚の下で、近くのヨガインストラクター、渕上里奈さん(34)に教わり、体のゆがみを解消する骨盤スリムヨガに取り組んだ。同園の御囲香苗さん(35)から、約20品種が育てられていることや減農薬栽培に取り組んでいることを聞き、シャインマスカットなど4種類を食べ比べた。

 くろワンきっぷは11月8日までの土、日曜、祝日に実施する。中学生以上は500円で、小学生は250円、乳幼児は無料。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】