福井県内の海の幸が勢ぞろいするイベント「越前若狭 紅白味自慢」(福井新聞社後援)が11月28、29日、福井市のハピテラスで開かれる。5年目の今回は「七大漁港祭」と銘打ち、県内7漁港で取れる海産物を使った料理を各漁協などが振る舞う。

 市とまちづくり福井が開く。「七大漁港」は三国(坂井市)、鷹巣(福井市)、越前(越前町)、敦賀、小浜、大島(おおい町)、若狭高浜(高浜町)。各漁港の漁協や海水養魚協会などが、越前がにやフグ、甘エビ、アマダイなどで作った料理を提供する。

 両日とも午前11時〜午後4時。セイコガニの食べ方教室もあり、両日とも正午からと午後2時からの2回。参加費は1匹千円。申し込みは県水産課=メールアドレスseikogani−r2@pref.fukui.lg.jp
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】