富山県高岡市の高岡古城公園動物園に、シバヤギの雄と雌の2頭が新たに仲間入りし、来園者の人気を集めている。

 5月に飼育していたヤギが死んだため、富山市ファミリーパークから、雄の「キイタ」と雌の「キイコ」を迎え入れた。

 2頭は同パークで生まれた6歳で、毛色は白。キイタは体長110センチ、体高70センチ。キイコは体長105センチ、体高60センチ。同動物園の林裕子飼育員は「かわいい2頭の姿を多くの人に見てもらい、笑顔になってもらえたらうれしい」と話した。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】