東京五輪でインドのホストタウンに登録されている黒部市は9、10の両日、市役所で、インドに古くから伝わるヨーガを学ぶ企画「インド体験〜ヨーガで新しい生活の実践」の講師による動画撮影を行った。

 本来は9、10の両日に市民が参加して開催予定だったが、大雪のため中止した。このため、筑波大非常勤講師の高橋玄朴(げんぼく)さんと、同大教授でインド出身のランディープ・ラクワールさんによる講義の様子を収録して配信することにした。

 9日は、高橋さんが「5つのヨーガの基本を理解する」をテーマに講義。ヨーガの語源や種類などを説明し、「今の心の在り方を整えることで、将来の自分を変えていくことができるのがポイント」と話した。呼吸法やアーサナ(ポーズ)の実践もあり、担当課の市職員らが体験した。

 収録した動画は12日以降、市のホームページのリンクから見ることができる。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】