3日の「桃の節句」に合わせ、のと鉄道(穴水町)は普通車両1両にひな人形を飾り、利用客を楽しませている。
 社員が座席に木製のひな壇を設置し、5段飾りを仕立てた。梅や桜の造花も掲げ、8日まで毎日4〜5往復運行する。
 5人が座れるロングシートに鎮座した人形たち。乗客は「ソーシャルディスタンス(社会的距離)も完璧」と感心した。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】