南砺市高瀬(井波)の高瀬神社は4月1〜15日、参拝客に春限定の御朱印を授与する。

 境内や神社前の大門川沿いは桜の名所となっている。花見を楽しんでもらおうと、開花時期に合わせて昨年に続いて企画した。

 一般的な御朱印帳のサイズに合う縦15センチ、横10センチの用紙の中央に神社の朱印、右上に「桜詣」の桃色の印を配した。300円で授与する。29日は岩田智典権禰宜(ごんねぎ)が筆で紙に文字をしたためるなど準備した。

 岩田権禰宜は「新型コロナウイルスに注意を払う日々が続いているが、桜を眺めて明るい気持ちになってほしい」と話した。境内と周辺の桜の見頃は4月8日前後という。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】