小矢部市宮島地区の住民が、景勝地として名高い宮島峡の三ノ滝周辺の環境を整備し、間近で見られるようにした。三ノ滝を含む竜宮淵(りゅうぐうぶち)を舞台にした民話が書かれた冊子も置いた。ゴールデンウイークに訪れた観光客に、一帯の魅力をアピールしていきたい考えだ。

 宮島地区自治振興会によると、宮島峡の一ノ滝や二ノ滝に比べ、三ノ滝はあまり知られておらず、倒木やごみが多かったこともあり、観光客が来てもすぐに帰ることが多かったという。

 市の補助を受けた同振興会の事業として、森屋町内会が3月下旬〜4月中旬に整備。倒木やごみを除去し、草を刈って砂利道を敷き、車で近づけるようにした。滝周辺のヨシやヤナギも刈り、水の流れを正面から眺められるようにした。

 三ノ滝を含む竜宮淵には、竜神がすみ、人々の命を守っているとの言い伝えがある。3月下旬、市民図書館が開館1周年を記念して竜宮淵を舞台にした冊子「おやべの民話」を発行した。冊子を贈られた宮島公民館の館長、赤坂久正さん(71)が、竜神を祭ったほこらの前に木箱を置き、冊子を入れた。訪れた人が気軽に読めるようにした。

 赤坂さんは「民話の世界を楽しんでほしい」、森屋町内会長の森茂樹さん(67)は「周辺の整備がさらに進むよう市に働き掛けていきたい」と話していた。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】