福井県おおい町内の飲食店が協力し、同町成海の道の駅「うみんぴあ大飯」で毎週末開いている「お総菜市」が、好評を受け12月まで延長される。金曜夕方に開いていたが、今後は金曜と土曜の交互に開催する。次回は16日午後4時から。

 新型コロナウイルス禍を乗り切ろうと、おおい旅館料飲合同会社が今春初めて実施。今回は9月17日から始め10月8日までの予定だったが、「土曜日にも開いてほしい」という買い物客の声を受け、計10回延長することを決めた。

 飲食店や旅館など10軒が参加。おかずセットや弁当をはじめ、各種丼もの、ピザ、ナポリタン、サラダ、照り焼きチキンなど多彩なメニューを用意。お手頃価格の500円と、ボリュームアップした内容の千円で販売する。町のプレミアム商品券でも購入できる。販売時間は午後5時から同4時に変更する。

 代表社員の男性は「好評いただきありがたい。1品でも2品でも食卓を支えることができればうれしい」と話している。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】