第29回中学生清流展が18日から、富山県砺波市の松村外次郎記念庄川美術館で始まるのを前に、同館で17日、展示作業が行われた。砺波、南砺、小矢部3市の中学生がみずみずしい感性で描いた写生画100点を飾る。8月14日まで。

 6月に同市の庄川水記念公園一帯で行われた写生会の作品を中心に223点の応募があり、清流賞・北日本新聞社賞20点と入選80点を選んだ。エメラルドグリーンの川面や新緑の山々の作品がそろった。同美術館、市教育委員会、砺波地区中学校文化連盟、北日本新聞社主催。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】