白山市観光連盟の「うらら白山人秋祭 どんじゃら市」(北國新聞社後援)は19日、同市の白山比咩神社で始まり、白山、野々市、能美、川北の4市町の特産品を求める客や親子連れでにぎわった。

 3年ぶりに会場内に飲食ブースが設けられ、来場者は子持ちアユの塩焼き、シカ肉やイノシシ肉の串焼きなどに舌鼓を打った。白山手取川ジオパークを紹介するブースも設けられた。20日まで。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】