「黒部ワンコイン・フリーきっぷ『楽駅停車の旅』2024春」(くろワンきっぷ)が16日、黒部市内でスタートした。4月29日までの土日曜と祝日、市内公共交通の指定区間が1日500円で乗り放題になる。初日は北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅そばのふれあいプラザで出発式があり、関係者が地元公共交通の一層の利用を呼びかけた。

 NPO法人黒部まちづくり協議会黒部ワンコイン・プロジェクトと富山地方鉄道が毎年春と秋に企画し、35回目を迎えた。乗り放題となるのは富山地鉄の市内区間(電鉄石田−宇奈月温泉)と路線バスの新幹線市街地線、生地循環線。期間中は公共交通を生かしたイベントも行われる。

 出発式では、同プロジェクトの菅野寛二リーダーらがあいさつ。北陸新幹線の敦賀延伸開業に触れ、「ぜひこの機会に電車やバスに乗ってもらい、公共交通を生かしたまちづくりにつなげてほしい」などと述べた。

 荻生保育所の年中児15人が歌と踊りを披露した。園児は富山地鉄新黒部駅に移動し、ホームで運転士に花束を贈呈。出発する列車を見送った。くろワンきっぷは北日本新聞社共催。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】