広島市と飲食関係の組合が新型コロナウイルスの感染防止を呼びかけるため飲食店を訪問しました。

16日は広島市の職員と県の社交飲食組合などが3つのグループに分かれ、流川町と銀山町にある約100店舗の接待を伴う飲食店を訪問しました。
検温するための体温計を送ったほか、従業員のマスク着用や消毒など新型コロナ対策の徹底を呼びかけました。また、QRコードを活用し、感染者と接触した可能性をメールで知らせてくれるサービス「広島コロナお知らせQR」の活用なども促しました。
呑ん処てんまり溝口真理店主「社交組合さんのほうに相談しながらいろいろ(コロナ対策に)努めていきたいなと思っております」
市は今後も飲食店の新型コロナ対策について関係団体と協議していくとしています。