海上自衛隊呉基地に所属する54歳の隊員が飲酒運転をしたとして、停職4カ月の懲戒処分となりました。

呉地方総監部によりますと、呉基地業務隊に所属する54歳の1等海曹は15日午前9時半ごろ、呉市内で酒気を帯びた状態で自家用車を運転したということです。

1等海曹は休暇中で、対向車と衝突事故を起こし駆けつけた警察官が呼気検査をしたところ、基準を超えるアルコールが検出されたということです。

1等海曹は調べに対し「前日に飲酒したが朝の体調には問題がなかったので運転した」と話しているということです。

呉地方総監部は「飲酒運転で事故を起こすのは極めて重大な内部規定違反」だとして28日付で1等海曹を停職4カ月の懲戒処分としました。