芸備線についてJR西日本が沿線自治体に存廃を含めた協議を申し入れたことに対し、庄原市の木山市長が危機感を示しました。

芸備線については11日、庄原市など沿線自治体が参加し岡山県新見市で開かれた検討会議で、JR西日本から全ての前提をなくした上で将来の公共交通の
姿について話し合いたいと提案がありました。

これを受け庄原市の木山市長は一部区間のの収支のみを切り取って議論することは適切ではないと訴えました。

庄原市 木山耕三市長「幅広い交通施策の計画の検討がなさされないまま存廃を排除せずに、区間ごとの現時点での収支を前提にした議論には応じられない」

庄原市は県とともに国に対し積極的な関与を要望しているということです。