広島市で新型コロナワクチンの4回目接種券の発送が始まりました。

4回目の接種券が発送されるのは3回目のワクチン接種から5カ月以上経過した60歳以上の人で、27日は市内の約4千人に接種券が送られます。
届き次第予約できるようになりますが、18歳以上60歳未満の基礎疾患を持つ人については市が対象者の把握ができていないため、接種券の発送方法や日程を調整中だということです。
4回目の接種に使われるワクチンはファイザーとモデルナの2種類で、これまでと同様に集団接種と個別接種を組み合わせて実施します。
広島県内ではすでに東広島市や三原市で4回目のワクチン接種が始まっています。