広島湾一帯で解禁となった小イワシ漁。

市場からスーパーの売り場まで小イワシを追い、おいしい食べ方を聞きました。
  
午前5時過ぎ、広島市中央卸売市場に小イワシを乗せた一番船が到着。漁師が指をさす、その先には市場の関係者が集まっていました。

鮮度が命!恒例のバケツリレーがスタート!

広島魚市場によると、ことしの小イワシは約10cmとやや大ぶりだそう。

船が到着してわずか8分で競りがはじまりました。

初競りでは、1キロあたり1000円ほどと去年の2倍の額で取引されました。

そして午前11時、小イワシはいよいよスーパーへ…

永松雄輔記者「今、小イワシがスーパーの売り場に届きました。きょう、水揚げされたばかりなので鮮度抜群です」

気になるお値段は?

永松記者「お祭り価格ですよ。小イワシが1パック158円」

ところで、この新鮮な小イワシをどうやって食べるのか聞いてみました。

Q「どのようにして食べますか?」

買い物客「お刺身かな…(家族)みんな好きです」

買い物客「お刺身。隣りのおばちゃんにもあげる」

鮮度抜群だからこそ食べられるお刺身。小イワシのプロ、広島水産の東さんによると簡単に身が取れる裏技も。

広島水産 東 邦彦さん「市場ではこれを使っています。宅急便の荷物をくくっているポリエチレンのひもなんですけど、指一本分残して…」

永松記者「うあ〜キレイにとれました」

東さん「雑菌がついていることがあります。よく水で流してからおしょうゆとかで食べてください」

一方、こちらの女性は…

「天ぷらか唐揚げですね。濃い目の食塩水を作って小イワシを漬けて、水けをよくとって天ぷらにするととってもおいしいです」

漁の期間は8月まで、皆さんは小イワシをどう料理しますか?