今年初めて日本列島に上陸した台風4号は、5日午前、温帯低気圧に変わりました。

ただ、県内では引きつづき雨や雷に注意が必要です。

5日、長崎県に上陸した台風4号は、午前9時に温帯低気圧に変わりました。

ウェザーニューズによりますと県内では依然として湿った空気が上空を覆っていて、局地的に強い雨や雷が発生する恐れがあるということです。

斉藤俊幸記者「本来子どもたちでにぎわっているはずのファミリープール。午前9時半現在ほとんど雨や風は降っていませんが、念のため休園ということで
園内は閑散としています」

5日・6日の臨時休園が決まっている中央公園ファミリープールでは、職員らによって監視台を倒すなどの対応がとられていました。

また、JR西日本によりますと県内の在来線は始発から通常運行しているということです。