31日午前、広島県東広島市の県道で大型バイクと車が衝突する事故があり、大型バイクに乗っていた40歳の男性が死亡しました。

31日午前7時半頃、東広島市黒瀬町楢原の県道34号で、直進していた大型バイクが道路脇から県道に入ってきた19歳の男子大学生が運転する車と衝突する事故がありました。
この事故で、大型バイクを運転していた竹原市の自営業・中川聡己さん(40)が全身を強く打ち病院に搬送されましたが、およそ2時間半後に死亡が確認されました。

警察によりますと、車を運転していた男子大学生(19)にケガはなく、事故当時は呉市の自宅からアルバイト先へ向かう途中だったということです。

現場は信号機のない片側一車線の直線道路で警察が詳しい事故の原因を調べています。
今年、県内で交通事故によって死亡した人の数はこれで21人となりました。(31日現在)。