原爆資料館の昨年度の入館者数は198万1617人で、資料館本館がリニューアルオープンした2019年度を20万人以上上回り過去最多となりました。

うち3割以上にあたるおよそ67万人が外国人で、全入館者数に占める割合とともにこちらも過去最多を更新しました。

原爆資料館は「G7広島サミットを通じた世界からの関心の高まり」が主な要因としています。

原爆資料館 石田芳文新館長「平和を熱望する人がいかに多いのか、広島に行ってそれを学びたいと思っている人がいかに多いのか(のあらわれではないか)」

また混雑緩和策として先月から導入されているWEB予約システムは全入館者の3割以上が利用していて、今年の夏からは券売機も導入する予定だということです。