女子ハンドボール界のスピードスター石川莉子、23歳。
ルーキーイヤーとなる昨シーズン68%と高いシュート成功率を記録し、最優秀新人賞を受賞した注目のハンドボーラーです。

イズミメイプルレッズ 石川莉子選手

 

石川選手―

Q.最優秀新人賞について

シーズンが終わった後に、もしかしたらみたいな、最優秀新人賞をもらえたらうれしいなという気持ちはありました(笑)

 

得点力を求められるポジションでプレーをする、彼女の武器は?

 

石川選手―

ディフェンスから速攻へのスピードを見てほしいです。相手に走り勝って、大事な場面で一点決められた時はすごい嬉しい気持ちになります。

「ディフェンスから速攻へのスピードを見てほしい」

 

小学生の頃から、ずっと隣でプレーしてきたチームメートの南 夏津美選手からはー。

南選手―

苦しい時に角度がないところからでも、飛び込んで得点を取ってきてくれるし、みんながしんどい時に1本走って点を取ってきてくれる、そんな頼りがいがある選手だと思います。

 

チームの救世主、石川選手の『勝ちグセ。』は!

石川選手―

絶対するのは梅のおにぎりを食べます! 梅干しのおにぎりは、なんか力が梅から出てきて(笑)  梅は絶対、できるだけ梅おにぎりで無理でも梅干しは。食べたときは結構酸っぱいですが、それがおいしくて食べています(笑)

 

ただ、大親友の南選手から食事にまつわる指摘が…。

南選手―

食べたときに結構口の周りに食べ物をつけていたりするので、本当に小学校の頃から直らなくて、いつも注意しています(笑)

スパゲッティとか食べたら、みんな口の周りが赤くなるじゃないですか、そこで普通の人はすぐ拭くんですよ、でもそのままにして食べ続けるから(笑) 小学校の頃はまだ許せるじゃないですか、3年生とかだったら、でも、もう23歳なので(笑)

 

本人に聞いてみるとー。

石川選手―

自分では付けているつもりはないですけど…気づいたら付いています…(笑)

 

子どもっぽさものぞかせる石川選手、最近興味を持ち始めたことが…

石川選手―

普段着られるような、ちょっと大人っぽい服に最近興味を持ちだしています。ちょっとでも大人っぽくなるように!

 

これからの成長が楽しみな石川選手。自覚と責任を胸に、ハンドボーラーとして更なるを進化を目指します。

 

石川選手―

まず自分自身のメンタル面をもっと強くしないとチームを引っ張っていくことはできないと思うので、もっと自分自身が強くなって、苦しい状況のときにみんなに頼ってもらえる、

どんな相手にも通用するような選手になりたいです!

石川莉子(いしかわ りこ)選手

◆ 石川莉子(いしかわ・りこ) 1999年1月23日生まれ 京都府出身 身長162センチ
女子ハンドボール界のスピードスター。
小学生の時にハンドボールをはじめ、
女子ハンドボールの強豪 大阪体育大学を卒業後、イズミメイプルレッズへ加入。
ルーキーイヤーとなる昨季は、7割近いシュート成功率を記録し、日本ハンドボールリーグ 女子最優秀新人賞を受賞。
本人の『勝ちグセ。』は梅おにぎりを食べて、梅からパワーを貰うこと。

 

広島ホームテレビ『ひろしま深掘りライブ フロントドア』(土曜13:00) 6月11日放送

ライター:藏田 晃裕