知っているようで知らない思わず「へぇ〜」と言いたくなる広島の雑学をクイズに!今回は西区の広島学院中学校・高等学校へやってきました!

早速、的場くんに広島学院の歴史を教えてもらいました!

的場くん「広島学院は1956年にキリスト教イエズス会の中で日本で3番目にできた学校なんだよ!」

65年前に開校した広島学院、現在学校が立っている場所。ここは旧広島藩の「翠江園」という別邸が置かれていた景勝地で、とても景色がいいんですよ!そんな歴史ある広島学院の雑学とは??

的場くん「この学校は開校した頃からある、生徒が持つある珍しいものがあります。それが何か分かりますか?」

さて、ここで問題!広島学院の生徒が持つある珍しいもの。それは、学生にとって必需品の“あるもの”の代わりに使用されているんですが…それは一体なんでしょうか?

的場くん「答えは…「風呂敷」です!広島学院は昔、通学鞄ではなくて、代わりに風呂敷に包んで勉強道具を持って来ていました。」

ということで、正解は「風呂敷」でした!1956年の開校当時は通学鞄が高価で少なかったため、比較的安く、手に入りやすかった風呂敷を使用していたんだそうです。今も使っている人がいるんでしょうか?

的場くん「僕も時々使っています。鞄に入りきらなかったノートを入れたりしていますよ!使わないときはたたんで鞄に入れられるから便利なんです!」

荷物が増えて風呂敷では包み切れないのでは?ということから、現在はほとんどの生徒が通学鞄を利用しています。ただ、4年前まで入学式で風呂敷が配布されていたので、今でも使用している学生さんがいるんですね!

広島学院の歴史に「へぇ〜じゃん」認定〜!

広島ホームテレビ『5up!』(2022年7月20日放送)
「広島へぇ〜じゃん」

ひろしまリード編集部
※掲載された記事・情報は、取材当時のものです。予めご了承ください