人気ヴォーカルデュオ「CHEMISTRY」の堂珍嘉邦さんと、ブランド牛を提供する焼き肉店におじゃましました。堂珍さんの焼き肉奉行っぷりにも注目です。

竹原のブランド牛は初めて食べるという堂珍嘉邦さん(写真左)

 

【並木の隠れ家 いちりん】

竹原のブランド牛「垰下(たおした)牛」を提供している「並木の隠れ家 いちりん」。この垰下牛は、なんと、演歌を聞かせながら飼育しているんだとか。

「演歌を聞いて静かにゆったり育つと、柔らかくておいしいお肉ができると思う」という考えから、この飼育方法を採用しているそうです。

ほどよい脂とお肉のうま味を感じることができる垰下牛

取材をした日は、イチボという牛のお尻のあたりの部位をいただくことに。このお店では、焼き方にもこだわりがあり、鉄板ではなく水晶をプレート状にしたものを使用しています。

直火ではないので、遠赤外線効果と煙が出にくいというメリットがあります

焼き肉奉行だという堂珍さんにお肉を焼いてもらうことに。

一緒に食べる人の好みなどを聞いた上で、お肉を焼くようにしているという堂珍さん

イチボはレアで食べるのがおすすめなんだそう。まろやかな脂とうま味が口の中に広がります。

焼き肉のほかにも、垰下牛を使ったステーキも食べておきたい一品。

竹原産 垰下牛いちぼのステーキ(1,680円)

堂珍さんいわく「ちゃんとお肉を食べたい人、お肉をムシャムシャ食べたい人にぴったり」というステーキ。霜降りすぎず、硬すぎず、バランスの良い食べ応えを楽しむことができます。

他ではなかなか食べることができない垰下牛。ぜひ、味わってみてはいかがでしょうか。

 

===

並木の隠れ家 いちりん

広島市中区三川町10-12 STビル2階

TEL:082-247-3697

営業時間 17:00〜23:00

定休日 日曜

===

 

 

 

広島ホームテレビ『5up!』(2022年7月26日放送)

ライター:神原知里