広島県内にある、絶品グルメがいただける一度は行ってみたいポツンと一軒グルメ。今回は、三次市三良坂町。灰塚ダムのほとりの森の中にある「ハイヅカ湖畔の森」。大自然を満喫できるキャンプ場です。

ハイヅカ湖畔の森

ここを管理するのは、東京から移住した熊原武博・直美さん夫妻。5年前まで東京でサラリーマン生活をしていた熊原さん。満員電車に揺られ、明るいうちに家には帰れない東京での生活で、先を考えたらこのままでは面白くないと思い、思い切って両親の故郷でもある庄原市へ移住。そこで、キャンプ場の先代社長との出会いがあり、1年前から管理者として働いています。老朽化で傷んでいた建物の壁や天井をDIYで改修し、今年4月にリニューアルオープンしました。

熊原さん家族

素敵な佇まいの管理棟は1995年に完成。設計者はイギリス人建築家 トム・ベネガン。その管理棟の中には、Wi-Fiを完備したコワーキングスペースとして利用ができる部屋、さらにカフェレストランもあります。

コワーキングスペース カフェレストラン

 

 

このキャンプ場の敷地面積は約2万9000㎡。なんとマツダスタジアムの建物が、すっぽりと入るくらいの大きさで、敷地のなかには、オートキャンプ場や、自由にテントが張れるフリーサイトなどがあります。

敷地面積は約2万9000㎡

 

「ハイヅカ湖畔の森」の一番のオススメはオートキャンプ場。なんとキャンプ道具が一式レンタルでき、さらにキャンプの醍醐味のBBQも、肉に魚・野菜までそろった豪華なBBQセットがあるので、食材を持ち込みしなくても大丈夫!手ぶらで来ても楽しめます!これは嬉しいですね。

手ぶらセット(キャンプ道具一式レンタル) 15,000円 BBQセット 3〜4人前7,000円〜 コンロ付き+1,500円

またこちらには、最高温度が120℃にもなるテントサウナもあります。テント内には薪ストーブがあり、そこでアツアツに熱した石に水をかけ、蒸気で発汗を促す「ロウリュウ」も楽しむことができます。大自然の中でデトックス!森林浴とともに一度体験してみてください。

テントサウナ

そして、カフェレストランで食べられるのが「スパイスカレー」。サラダとカレーが一緒になったワンプレートスタイルです。玉ねぎを2〜3時間じっくりと炒め、7種類のスパイスを使ったカレーを、玄米と7分づきの白米をブレンドしたライスと一緒にいただきます。玄米を入れることで、白米にはない栄養と食感をプラス。玉ねぎの優しい甘さがスパイスと見事に調和し、玄米の食感が良いアクセントになっている美味しいカレーです。

スパイスカレー(Sサイズ) 700円

そんな美味しいカレーを、熊原さんと一緒に作っている人たちがいます。熊原さんは、障害者福祉施設で就労支援をしており「障害のある人が活躍できるキャンプ場にしたい」という思いで、その施設から働きにきてもらっているそうです。みんなの優しい気持ちのこもったカレーをぜひ食べてみてください。

また、庭のハーブを使った炭酸ドリンクもオススメです。爽やかで、キャンパーたちに人気のメニューなんだそうですよ。

ハーブシロップソーダ 500円

大自然のなかで、自然体で過ごせる「ハイヅカ湖畔の森」で、家族やお友達と一緒に美味しいキャンプめしを食べて、夏休みの思い出を作ってみてはいかがですか。

 

ハイヅカ湖畔の森

三次市三良坂町仁賀563

電話:0824-44-3711

受付時間:午前9時〜 午後5時

カフェレストラン・キャンプ・サウナ 完全予約制

(カフェレストランは火曜定休)

※キャンプ、コワーキングスペースは予約すれば年中利用可

 

広島ホームテレビ『5up!』(2022年7月29日 放送)

ひろしまリード編集部