知っているようで知らない思わず「へぇ〜」と言いたくなる広島の雑学をクイズに!今回は広島の人ならみんな知っている「広島バスセンター」へやってきました!

広島バスセンターの三上さんが案内してくれましたよ!

三上さん「昔はバス会社ごとに、いろいろな場所にバス停がありましたが、それらを一か所に統合するために、このバスセンターが建てられました。日本初の一般バスターミナルが広島バスセンターなんです!」

1957年に営業を開始した広島バスセンター。いろんなバス会社が入る一般バスターミナルとしては日本初の施設!現在は、30ほどの会社が乗り入れているんですよ。知ってましたか?

構内には事故を防ぐために信号がついています。ターミナル内に信号がついているのは、他のターミナルではあまりない、珍しい設備なんです。

バスセンター構内二か所の信号を見れば、どこにバスが入っているか一目瞭然!事故防止につながっているんです!

三上さん「バスセンターのターミナルはもともと平屋でしたが、改装するときに”ある理由”で今の3階になりました。その理由がなにか分かりますか?」

さてここで問題です!

開業当初は平屋だった広島バスセンターですが、改装するときに”ある理由”から現在の3階建てになったんです。その理由とは一体なんでしょうか?

答えは…「バスの渋滞による周辺道路への影響を防ぐため」です。当時の平屋のターミナルは、ラッシュ時にバス同士が混雑して、周辺の道路にはみ出すほどだったそうです。

 

当時は旧市民球場もあり、信号も現在ほど多くなかったため、歩行者、車、バスで周辺道路がごった返していたんです。誘導路を設けて3階にターミナルを置くことで、距離を稼いで渋滞が起きないようにしたんですね。

広島バスセンターの工夫に「へぇ〜じゃん」認定!

 

広島ホームテレビ『5up!』(2022年8月23日放送)
「広島へぇ〜じゃん」

 

ひろしまリード編集部
※掲載された記事・情報は、取材当時のものです。予めご了承ください