家族で楽しめること間違いなし。湯来町のみなさんが作った”手作りスポット”をめぐりました。

 

【猫屋商会】

昭和40〜50年代のキッチン用品を中心に、レトロ雑貨を取り扱う「猫屋商会」。約600種類の商品が並び、温泉街らしいお土産を買うことができます。

古民家を改装してできた「猫屋商会」

 

一番人気の商品はポット(2,800円)

 

レトロなデザインだけどIHにも使える鍋(3,800円)

===

猫屋商会
広島市佐伯区湯来町多田向井谷3534-1
TEL:090-9413-5622
営業時間 10:00〜16:00(木・金曜)/ 10:00〜17:00(土・日・祝)

===

 

 

【アイメージブルワリー】

クラフトビールと手作りハンバーガーを楽しめる「アイメージブルワリー」。子どもたちにも人気の看板メニュー「スペシャルバーガー」は、口の中に収まらないくらいのボリュームが魅力。

スペシャルバーガー(850円)

 

使っているパテのお肉は、湯来町産のイノシシのお肉。野菜も地元でとれたものを使用しています。このハンバーガーにぴったりなのが、地元食材を使ったクラフトビール。湯来町でとれたレモンや、ゆずの皮を使っています。

クラフトビール ゆずエール(680円)

湯来町の食材ときれいな水を使って生産されたクラフトビール。お土産に買っておうちでも楽しんでみてはいかがでしょうか。

===

アイメージブルワリー
広島市佐伯区湯来町伏谷1351-1
TEL:050-3554-1282
営業時間 11:00〜17:00

===

 

 

【くもで交流広場】

続いて向かったのは「くもで」という小さな集落。その集落にある「くもで交流広場」は、「くもでを愛し守る会」の会長の大田さんが同級生と作った自然を体験できる施設。キャンプやバーベキューも楽しむことができます。

取材をした日は「ヤマメ」という川魚のつかみ取り体験に挑戦しました。

魚つかみ取り(1匹500円+焼き代100円)

さらに、常設しているかまどでご飯炊き体験をすることもできます。

かまどでご飯炊き(薪付き・1,000円)※バーベキュー利用は500円

このかまどは、なんと手作り。2カ月かけて作ったそうです。「こんなおいしいご飯、食べたことない」と、お客さんからも好評なんだそうです。

「くもで交流広場」の入場料は300円。自然と触れ合えるさまざまな体験にチャレンジしてみてください。

===

くもで交流広場
広島市佐伯区湯来町多田415
TEL:080-2911-0981
営業時間 10:00〜16:00

===

 

 

【しまた】

最後に向かったのは、民宿体験ができる「しまた」。明治時代に建てられた古民家を民宿にし、家族で楽しめる空間に。庭には、DIYで作ったブランコやシーソーなどの遊具があります。

1泊あたり施設料10,000円+大人2,500円

 

流しそうめんを体験。湯来町名物「オオサンショウウオのこんにゃく」など、そうめん以外の食べ物も流してみました

 

民宿にある囲炉裏で「くもで交流広場」でつかみ取りした魚や、クラフトビールをいただくことに。

食材はすべて持ち込みとなっているそう。お肉や野菜を焼くのもおすすめ

 

最後は露天風呂へ。手作りの五右衛門風呂もあるんです。

利用料500円 ※上限3,000円

「子どもが大きな声を出して遊べる。親御さんも気兼ねなく楽しんでもらえる」と話す家主の神田さん。好きな食材を持ち込んで、思いっきり遊んでみてはいかがでしょうか。

===

しまた
広島市佐伯区湯来町多田343
TEL:080-2911-0981

===

 

広島ホームテレビ『5up!』(2022年9月1日放送)

ライター:神原知里