知っているようで知らない思わず「へぇ〜」と言いたくなる広島の雑学をクイズに!今回は広島の人ならみんな知っている「広島バスセンター」へやってきました!

 

関連記事:【広島雑学】広島バスセンターが3階になった”ある理由”とは?

 

広島バスセンターの三上さんが案内してくれましたよ!

三上さん「このバスセンターから毎日3000便近いバスが発着しています!広島は郊外に団地が多いから、バスは大切な公共交通なんです」。

1日に3000便も発着しているなんて、知らなかったですよね。広島でバス路線が発達したのは干拓の土地で地盤が弱いため、地下鉄が整備しにくかったこともあります。また、川が多く、橋も多いのも理由のひとつなんですね。

三上さん「実は、県内を走るバスの、ごく一部の車内にある変わったものがあります。その変わったものが何か分かりますか?」

さてここで問題です!

バスの中に必ずあるものと言えば「つり革」ですが…。実は、県内を走るバスの、ごくごく一部の車両には、変わった「つり革」があるんです。それはどんなつり革でしょうか?

答えは…「ハートのつり革」です!このつり革を設置しているバスは「しあわせのつりかわバス」と呼ばれていて、そのつり革があるバスにはステッカーがついているんですよ。

2017年から導入されて、県内14社のバス会社が1台ずつ所有しているんです!どのバスが何時に走っているかは、それぞれのバス会社しか知らないんだとか!ハートのつり革が設置されているバスには専用のステッカーがついているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

広島のバスのかわいい工夫に「へぇ〜じゃん」認定!

 

広島ホームテレビ『5up!』(2022年9月6日放送)
「広島へぇ〜じゃん」

 

ひろしまリード編集部
※掲載された記事・情報は、取材当時のものです。予めご了承ください