安芸高田市に新しくできたキャンプ場に潜入!初心者でも安心・手ぶらで参加可能。また、キャンプに欠かせないおすすめ焚き火台もご紹介します。

 

【ばぁばの蔵かふぇ】

キャンプ場に行く前に、旬の食材を使ったジェラートを食べることができるお店があると聞き、向かったのは「ばぁばの蔵かふぇ」。

蔵を改装してできたお店

 

青唐辛子のジェラート(550円)

お店の裏にある畑で収穫した青唐辛子を使ったジェラート。口に入れたら、青唐辛子の香りがふわっと広がります。この他にも安芸高田産のピオーネやイチジクを使ったジェラートも。

店名に入っている「ばぁば」は店主のお母さまのこと。コロナ禍のため、今は呼ばれたときに顔を出しているそう。看板娘ならぬ”看板ばぁば”に会いに行ってみてはいかがでしょうか。

===

ばぁばの蔵かふぇ
TEL:090-2802-2234
営業時間 10:00〜17:00
定休日 木曜

===

 

 

【たまくらキャンプ場ばぁばの森】

今回取材したキャンプ場は、なんと「ばぁばの蔵かふぇ」の裏にあります。「たまくらキャンプ場ばぁばの森」は今年5月にオープンしたばかりのキャンプ場です。

約3,000平方メートルの敷地に12サイトの宿泊場所があります

 

キャンプ初心者でも楽しめるよう、テントをはじめ必要な道具がそろったセットもあり、手ぶらで行ってもキャンプを楽しめちゃいます。

手ぶらでキャンプお泊りセット(テント、マット、テーブル、チェアー、焚火台コンロセット、炭、薪)(1人8,000円)※要予約

 

キャンプ場の奥にある「プライベートウッドエリア」の常設テント内には、ベッドや室内テーブルなどがあり、グランピングのように楽しむこともできます。

プライベートウッドエリア(1人10,000円)

 

プライベートウッドエリアには大人ものれるハンモックがあります

 

キャンプ飯といえば、やはりバーベキュー。キャンプ場の管理棟にある「CAMPERS CAFE TAMAKURA」でバーベキューにピッタリの食材・メニューを手に入れることができます。

カフェで食べてもテントに持ち帰って食べてもOK

毎月第3土曜日は音楽演奏などを行う夜市を開催しているという「たまくらキャンプ場ばぁばの森」。幻想的な空間のなかで、日常を忘れ、のんびり一息ついてみてはいかがでしょうか。

===

たまくらキャンプ場ばぁばの森
TEL:0826-57-1001
定休日 水曜

===

 

 

【Maki式薪ストーブ 岡崎建設】

キャンプに欠かせない焚き火台やキャンプストーブを手作りしている「Maki式薪ストーブ 岡崎建設」。デザイン性の高い焚き火台や薪ストーブを販売しており、デザインの相談をすることもできるので、理想の商品が手に入ると話題を呼んでいます。

焚き火台など(15,000円〜)※デザインや大きさにより価格が異なります

 

側面の模様から美しい炎を見ることができる焚き火台。キャンプ前に手に入れてみてはいかがでしょうか。

デザインによって炎の見え方もさまざま

===

Maki式薪ストーブ 岡崎建設
TEL:090-9061-7432
営業時間 8:00〜17:00
定休日 日曜

===

 

広島ホームテレビ『5up!』(2022年9月15日放送)

ライター:神原知里