クロード・モネの集大成『大睡蓮』を自然光で鑑賞!

6月に咲き始め、夏に見頃を迎える睡蓮。その美しさといえば、印象派の画家クロード・モネの大作『大睡蓮』でも広く知られています。

フランス北西部の田園地帯ジヴェルニーに移り、理想の庭を作っていたというモネ。彼の作品の主要なモチーフである睡蓮を描いた作品は200点以上になるといわれます。そんな睡蓮の画を「自然光の下でみてほしい」という本人の願いを実現すべく、このように屋外に設置されているのです。

そして、作品の周りに広がるのは夢のような睡蓮の庭!

色とりどりの睡蓮が咲き始めるのは6月頃。夏にピークを迎え9月頃まで楽しむことができます。中には、モネが想像で描いたとされる青い睡蓮の姿も……。まるで名画の中に入ってしまったような気分を味わえます。

 

世界の名画が約1000点! 約4kmの鑑賞ルート

こちらは徳島県にある大塚国際美術館。ポカリスエットで有名な大塚グループが創立75周年記念事業として設立しました。

大塚国際美術館の特徴は、名だたる名画1000点余を一日たっぷり堪能できること!その鑑賞ルートは約4km、約1万坪という大空間で見飽きることのないボリュームで観る人を楽しませます。

まず訪れたいのは、大塚国際美術館のみどころの一つ『システィーナ礼拝堂天井画及び壁画』を再現したシスティーナ・ホール。入口から約40mのエスカレーターを上がった先、最初のフロアである地下3Fにあります。

システィーナ礼拝堂とは、バチカン市国内にあるローマ教皇の公邸であるバチカン宮殿にある礼拝堂のこと。ミケランジェロの偉業である天井画と正面壁画『最後の審判』が完全再構成されています。

 

2000年後も鮮やか。世界初の陶板名画美術館

この美術館、実はオリジナル作品が1点もない美術館なのです。なぜなら、本物の絵画ではなく陶器の板『陶板』に原寸大に再現した作品を展示しているから。

「世界の名画を、そのままの姿で永久に残したい!」世界の人々の願いを実現すべく生まれた陶板化技術、そして陶板名画の数々。陶板に忠実な色彩・大きさで再現された名画は「2000年経っても色褪せない」といわれ、実際の名画さながらの迫力を目の前で楽しむことができます。

再現といえど、6名の選考委員によって世界26カ国190余りの美術館から選定された西洋名画たち。

ピカソの『ゲルニカ』をはじめ、レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』や『最後の晩餐』、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』、モネの『大睡蓮』、クリムトの『接吻』、ミレーの『落ち穂拾い』、ゴッホの7つの『ヒマワリ』など、古代から現代に至るまでの西洋美術の名だたる名画……その数1000点余。

そのすべてを大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術によって陶板に再現され、日本で唯一、徳島県で世界の美術作品を体感できるのです。

 

本物じゃない陶板画。だから写真撮影もOK!

そしてこの美術館の特徴のひとつ、館内のすべてが写真撮影が可能ということ!数々の名画や『スクロヴェーニ礼拝堂壁画』『システィーナ・ホール』と一緒に記念撮影も可能なんです。

「実は名画にはあまり詳しくなくて……」そんなあなたも大丈夫。展示作品1,000点以上のうち約100点を解説した1台500円の音声ガイドなどを利用して、西洋美術への扉を開きましょう。

また、アートコスプレなどの体験型イベントや、名画にちなんだスイーツ、ランチなど、一年を通してたくさんの行事があり、いつ何度訪れても楽しめますよ!

世界で唯一の美術館で、たっぷり一日使って芸術を堪能する休日をお楽しみください。

 

大塚国際美術館
住所/徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
電話/088-687-3737
開館時間/9:30〜17:00
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日休館、8月無休、1月は正月明けに連続休館あり)
入場料/一般3,300円 大学生2,200円 小中高生550円
>お得なオンラインチケットの購入はこちら

駐車場/無料
アクセス/神戸淡路鳴門自動車道・鳴門北ICから鳴門海峡方面へ約3分
https://o-museum.or.jp

 

元記事:瀬戸内Finderフォトライター 日根野太之

 

▼記事提供元


「瀬戸内Finder(ファインダー)」は、瀬戸内を共有する7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)の魅力を世界に発信しています。