2016年に始まった中国電力の「首都圏マツダスタジアム観戦ツアー」。ファンを鯉の聖地に招待し、観戦だけでなくボールパークならではの楽しみや裏側も体験できる特別企画だ。3年ぶり5回目となった今年は60人が招待された。今回もツアー参加者による始球式や、レジェンドOBへの質問コーナーなど思い出に残るイベントが盛りだくさん。

広島ホームテレビ『カープ道』では、観戦ツアーに便乗し、公開収録を開催。この日(8月28日)の対戦は宿敵巨人。観戦をより楽しむためのおもてなしとして、試合前にG党を交えて公開収録を行い、参加者のボルテージを上げることに。

ゲストは、カープOBの川口和久さん。カープ時代の14年間で131勝をあげた名サウスポー。後に巨人にFA移籍。両チームに精通するレジェンドOBだ。そして今年マツダスタジアムで始球式を実現した鯉党アイドルのSTU48甲斐心愛さん。鯉党芸人のザ・ギース尾関高文さん。G党代表は、幼い頃から巨人ファンの巨人大好き芸人・はなわさん。

カープOB川口和久さん

ここまでのペナントレースについて、川口さんは「今シーズンはカープの優勝があると思った。鈴木誠也が抜けて、解説者陣はカープを最下位だと予想したが、昨年打率リーグ2位の坂倉将吾がいるじゃないか。投手陣も揃っているし」と話すと、はなわさんは「開幕ダッシュに成功した巨人はそのまま1位を独走するかと思ったが、夏からずっと落ちてきた」と悔しがった。

巨人大好き芸人 はなわさん

注目選手を聞かれた甲斐さんは「マクブルーム選手。小学校の頃はエルドレッド選手が私にとってのヒーローだった。打ってくれると期待してしまう助っ人外国人に注目」と話した。7月2日の巨人戦では0対0で迎えた9回裏、右中間スタンドへ飛び込むサヨナラHRを放ち、勝利へと導いたマクブルーム選手。川口さんは「最初は引っ張るだけだったが、右に打てるようになったので、日本に来て成果が上がっている」と解説、尾関さんは「マクブルーム選手のインスタグラムがすごい。ムキムキの肉体も見ることができる」と得意の小ネタを披露した。

STU48甲斐心愛さん

はなわさんは「いいバッターの多いカープの中でも、矢野雅哉選手が好き。山本浩二さんや衣笠祥雄さんのような昭和のカープ選手のイメージ」と話す。プロ2年目の矢野選手は8月、チームの新型コロナ感染をきっかけに一軍昇格。スタメンに抜擢されるとすかさずプロ初HRを放ち、バットで結果を出した。尾関さんは「プロ初HRは、矢野選手の人生2本目のHR。本当に入ったのかなと思いながらダイヤモンドを回ったらしい」とエピソードを添えた。

カープ大好き芸人 ザ・ギース尾関高文さん

甲斐さんが注目するカープのピッチャーは遠藤淳志投手。「遠藤投手が投げる試合は、打線がよく繋がる気がする」と関心。また「今年は体が引き締まった気がする」と言うと、尾関さんは「遠藤投手はプロに入って身長が伸びたという話は聞いた」と付け加えた。

5年目を迎えて先発ローテーションを担う遠藤投手について、川口さんから驚くべき話が飛び出した。「遠藤が良くなった理由がある。それは・・・キャンプの映像を自宅で見ていた時、ブルペンで投げていた遠藤に違和感を感じ、河田ヘッドコーチに“あのグラブの位置おかしくない?”ってLINEした。前に置いて投げると肩が下がるので、ボールが安定しない。グラブを後ろに置くと軸ができてボールがブレないんじゃない?」と実演。「次の日から、そういう風に投げていた」とアドバイスが結果に結びついたことを披露。一同から「すごい」と賞賛の声が飛んだ。

まだまだ尽きない熱いトーク。公開収録後半戦は次回に続く。

 

広島ホームテレビ『カープ道』(水曜深夜) 9月14日放送

ライター 湯谷葉子