知っているようで知らない思わず「へぇ〜」と言いたくなる広島の雑学をクイズに!今回は「安田女子中学高等学校」に関する雑学をご紹介します。

さっそく安田女子中学高等学校 高校2年生の工代さんに校内を案内してもらいました。

工代さん「2年前に白島にある安田女子中高の校舎を建て替えました。この校舎は本物の木を使っているんです。集中力が高まって勉強しやすいんですよ」。

新校舎は、教室の内外に木材をふんだんに使い、目にも気持ちにもやさしい木目調で統一。窓からの光に照らされた明るい空間で学習できるようになりました。

「本物の木に触れて感性を高めてほしい」という思いが込められているそうです。

そして、2階〜4階は吹き抜けになっています。とても開放感があって素敵ですよね。

続いて紹介してくれたのはトイレです。おしゃれで可愛くて、まるでホテルみたいなトイレなんです。

工代さん「ここは安田女子中高のトイレです。この安田女子中高のトイレは他の学校にはない、ある特徴があります。それが何か分かりますか?」

ここで問題です!安田女子中高のトイレは一般的な学校とは違い、ある特徴があります。その特徴とは一体、なんでしょうか?

答えは「トイレのデザインがすべて違う」です。学校内のトイレ、すべての内装が違うそうです。

「生徒が自分の学校のトイレを自慢できる」ということをコンセプトに作られたそうです。バリエーションは全部で10種類。お気に入りのトイレを決めている学生さんもいるそうですよ。

 

安田女子中高、トイレの驚きの特徴に「広島雑学」認定!

 

広島ホームテレビ『5up!』(2022年11月9日放送)
「広島へぇ〜じゃん」

 

ひろしまリード編集部
※掲載された記事・情報は、取材当時のものです。予めご了承ください