紅葉が見ごろを迎える宮島の新名物グルメ&おすすめスポットをご紹介。大改修を終えた厳島神社の大鳥居にも注目です。

 

【牡蠣フライ串と麦酒】

まず向かったのは、宮島表参道商店街の「牡蠣フライ串と麦酒」。新メニューが話題となっている、宮島ビールとカキフライ串が定番のテイクアウト専門店です。

宮島ビール生 400ml(写真左・700円) / カキフライ串 3個(写真右・600円)

 

話題になっているのが、こちらの「あなごめし串」。ご飯1kgに対して、あなごをたっぷり500g使用。あなごの量に偏りが出ないように、1本1本手作業で「あなごめし串」のベースを作っているんだとか。外はパリパリ・中はもちもちの2つの食感を楽しむことができます。

あなごめし串(500円)

宮島の新名物「あなごめし串」は数量限定販売なので、気になる方はお早めに。

===

牡蠣フライ串と麦酒

廿日市市宮島町1133 錦水館

TEL:0829-44-2131

営業時間

水〜金曜 11:00〜15:00 / 土・日 10:00〜16:00

定休日

月・火曜

===

 

【錦水館】

今年創業120年を迎えた老舗宿「錦水館」。屋上に宮島を一望できる「宮島テラス」が今年の7月にオープンしました。

ルーフトップラウンジ「宮島テラス」

宿泊客は自由に利用できるラウンジ。「宮島で一番眺めがいい場所」といわれているそうです。

===

錦水館

廿日市市宮島町1133

===

 

【紅葉谷公園】

宮島で紅葉を見るなら「紅葉谷公園」。およそ700本の紅葉が色づきます。なかでも、「紅葉谷橋」の辺りは、特にSNS映えするスポット。11月中旬〜下旬が紅葉の見ごろです。

紅葉谷公園の紅葉についてもっとくわしく>>紅葉谷公園のライトアップで幻想的な体験を|広島県廿日市市宮島

紅葉谷公園

 

【HEM’S HOTEL】

今年オープンした「HEM’S HOTEL」は、築100年以上の古民家を使ったお店。1階がカフェとランチ、2階が1日1組限定で宿泊できるホテルになっています。

HEM’S HOTEL

 

カフェメニューのおすすめは、日替わりデザート。取材をした日は「ショコラとアーモンドミルクのミニパフェ」をいただきました。グラスの上にのっているショコラに、チョコレートソースをかけて溶かしていただくという粋な演出を楽しめます。

日替わりデザート ドリンク付き(1,100円)

さらに、4種類のデザートをいただける「デザートコース」も。予約が必要ですが、フレンチのようにデザートをいただくことができると人気のメニューです。

デザートコース(2,200円)※要予約

 

ランチメニューのおすすめは「ローストビーフ丼」。表面に焼き色を付け、広島県産の赤味噌と米味噌で漬け込んだ和風テイストなローストビーフに、リンゴチップでいぶした卵黄をのせたボリューム満点の一品です。

特選牛 味噌漬け熟成ローストビーフ丼(1,100円)※無くなり次第終了 ※ランチ営業は金〜日曜のみ

 

カフェスペースの上にあるのが宿泊ルーム。40〜50年前の木を広島県外から取り寄せて仕切りに使うなど、こだわりが詰まったお部屋。寝室の窓など、古民家が建築されたときのままを残している箇所もあり、風情を感じることができます。

宿泊ルーム

ゆったりとした時間を満喫できる「HEM’S HOTEL」。日常を忘れてのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

===

HEM’S HOTEL

廿日市市宮島町大和町662

TEL:070-8527-1228

カフェ 木〜日曜 11:00〜16:00

ランチ 金〜日曜 11:00〜13:00 ※なくなり次第終了

宿泊 1日1組 16:00〜

===

 

広島ホームテレビ『5up!』(2022年11月15日放送)

ライター:神原知里