STU48のメンバーが瀬戸内の魅力を再発見する番組で、ゲストのモグライダーに広島観光をプレゼント!絶品スイーツのご褒美をかけて、豪華スイートルームのリポート対決に挑戦しました。(「せとチャレ!STU48」2022年11月10日放送)

お邪魔したのは広島の風光明媚なホテル。グランドプリンスホテル広島は、広島の海の玄関口に位置する瀬戸内海の絶景が見渡せます。世界中のVIPたちをもてなしてきたスイートルームの特徴は、リビングだけでなく、お風呂も瀬戸内海の絶景を独り占めできる特別なもの。

沖ちゃん(沖侑果)は、「おじいちゃん、おばあちゃんを連れてきたい」と家族で楽しむ姿をイメージして、お部屋の素晴らしさをリポートしていきます。

福ちゃん(福田朱里)は、海を眺めながらお風呂に浸かるイメージを疑似体験し、エア入浴でリラックスする様子も。「STU48の代表曲『瀬戸内の声』を聴きたい」という要望には、沖ちゃんが生歌BGMで対応し、リアルに楽しんでいました。

対決ということで、モグライダーチームは芸人としての違いを見せつけようと、意気込んでリポートスタート!利用プランにより変動はあるそうですが、1泊約28万円だと聞いた2人は、スイートルームに一層あこがれを強めながらも、喋りがカミカミ…うまく魅力を伝えることができずに空回りで対決は終了。

結果は、家族をもてなしたい気持ちを表現したSTU48チームが勝利し、ホテルの1Fで食べることのできる「しぼりたて和栗のモンブラン」を味わいます。もん絶必至のスイーツを堪能する沖ちゃん&福ちゃんは、その映えとおいしさに興奮気味でご褒美を完食しました。

 

続いては、「ホテルにいながらにして旅気分を味わえるバーチャル観光ツアー」を決行!多忙なモグライダーに、広島の素敵な観光スポットを満喫してもらうべく、観光列車の旅が用意されました。

旅の案内役として登場したのは、「じゃらん関西・中国・四国」編集長の鳥羽舞衣子さん。バーチャル空間を駆使して旅のプロが熱烈プレゼンです。

広島〜尾道間を瀬戸内海に沿って走る観光列車「etSETOra(エトセトラ)」をご存じですか?「行った」「乗った」そんな気分になるよう、車窓からの風景VTRとともに、停車駅の絶品グルメを堪能しながらバーチャルで優雅な観光列車を満喫してもらう旅がスタート!

絶品スイーツボックスは、車内でしか味わえないスイーツです。行楽シーズンにぴったりの素敵な列車の魅力を、少しでも味わってもらいたかったのですが…多忙なモグライダーの時間は、あと15分だけしか残っていませんでした。

広島駅を出て最初に停車するのは、戦艦大和を生んだ海軍の街「呉」。そこから伝統的な建造物が多く残る海辺の小京都「竹原」⇒「忠海(ただのうみ)」へ!

ここは、まるで海の上を走っているかのような海岸線沿いで、目の前に透き通る瀬戸内海の絶景が広がるビューポイントがオススメ!車両が1分間停車してくれるという配慮もあるんですよ。

車内から眺める瀬戸内海のVTRに感動する4人に、沖ちゃんから「あと5分!」と無常のアナウンスが流れたので、超特急で次の駅へ。

続く停車駅は「三原」。紹介グルメは、三原の名物駅弁「たこめし」です。浜吉さんが作る「元祖珍辨たこめし」は、しっとり煮上げたタコに加え、タケノコやエビもあしらわれ絶品なんです。 終点「尾道」では、ファーム尾道さんが作る「冷やし蜜芋」をいただきます。皮まで食べてほしいという思いから大切に作られた自慢のスイーツに4人は大満足!モグライダーはタイムアップで途中下車しますが、「たこめし」は駅弁大好きという福ちゃんがゆっくり堪能!たこの風味と柔らかさを味わったのでした。

広島尾道間を贅沢に過ごしながら移動できる観光列車「etSETOra(エトセトラ)」。みなさんも機会があれば、ぜひ鳥羽編集長のオススメを参考にしながら堪能してみてはいかがでしょうか。

 

次回は、シソンヌ長谷川忍さんが登場!強烈キャラ「マナやん」と、香川県屋島の謎を解き明かすミステリーツアーにチャレンジします。

 

■番組情報

次回『せとチャレ!STU48』は、2022年11月17日木曜 深夜0時20分放送

 

ひろしまリード編集部