安芸の小京都・竹原の旅。平安時代、京都の下鴨神社の荘園(しょうえん)として栄えたことから「安芸の小京都」と言われている竹原の、新店や竹細工体験、すき焼き食べ放題の温泉宿をご紹介します。

 

【café 根古屋】

竹原といえば、しっとりとした風情漂う「町並み保存地区」。国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。

創業1733年の竹鶴酒造など、歴史を感じる建物が並ぶ

 

この「町並み保存地区」に今年3月にオープンしたのが「café 根古屋」。福井から移住されたご夫婦が営んでおり、台湾料理を楽しむことができるカフェです。

紅焼牛肉麺(ホンシャオニューローメン)(1,200円)

台湾の屋台でよく食べられているという「紅焼牛肉麺(ホンシャオニューローメン)」は八角やスパイスが効いており、食べると体がポカポカするというこれからの季節にピッタリのメニュー。
さらに、デザートには「甜品(ティエンピン)セット」がおすすめ。台湾カステラ、パイナップルケーキ、豆花(トウファ)と、台湾の定番デザートを味わえる欲張りなセットです。

甜品セット ドリンク付き(1,500円)

===

café 根古屋

TEL:090-2833-1938

営業時間 10:00〜17:00

定休日 月曜・火曜

===

 

【まちなみ竹工房】

竹を使った小物や風車などを販売している「まちなみ竹工房」。こちらでは、竹細工づくり体験に挑戦することができます。

取材をした日は風車を作りました

職人さんが丁寧に教えてくれるので、作れるか不安…という人でも安心。風車作り体験は2,500円(2連)。他にも、かごを作る体験もあるんだとか。気軽にお問合せしてみて。

===

まちなみ竹工房

TEL:0846-22-0973

営業時間 9:30〜16:00

定休日 年末年始・お盆

===

 

【賀茂川荘】

竹原の風情を感じることができるホテル「賀茂川荘」。四季の自然を感じることができる1500坪の日本庭園や、露天風呂もあり、心も体もリラックスすることができます。こちらの温泉は700年前から湧き出ているそうで、菅原道真や参勤交代の諸大名の疲れを癒したと言われているそうです。

単純弱放射能冷鉱泉で、神経痛や慢性皮膚病などに効用があるそう

 

疲れを癒した後は、すき焼きの食べ放題。JA全農ひろしまが供給している広島県産和牛のお肉が、90分間食べ放題なんです。

コロナ禍で売り上げが低迷した畜産農家や観光業を応援する目的でできた「すき焼き食べ放題プラン」

 

すき焼きだけではなく、会席料理も味わえます

このプランは、12月7日〜21日(20日宿泊分まで)利用することができます。お土産などに使える「地域クーポン」も付いてきます。詳しくは「農協観光 山陽エリア」で検索してみて。

===

賀茂川荘

TEL:0846-29-0211

===

 

広島ホームテレビ『5up!』(2022年11月17日放送)

ライター:神原知里