2023年11月18日(土)19日(日)、尾道商店街内にある「まちなか文化交流館Bank(旧三井住友銀行尾道支店)」(広島県尾道市土堂1-8-3)にて、「活版WEST2023」が開催されます。

ちなみに、活版印刷とは、ハンコのように文字や記号を掘り込んだ部品「活字」を組み合わせて版を作り、そこにインクをつけ、印刷をする手法のこと。ぐぐっと圧をかけて生まれる凹凸感は、活版印刷の魅力の一つです。

紙もの好きの心をくすぐるイベントをチェックしていきましょう!

 

 

日本中から「KAPPANIST」が集結

2017年より大阪で始まり、3回の開催実績を持つ「活版WEST」。尾道市内へと会場を移し、4年ぶりの復活します!

東京から沖縄まで全国各地の「KAPPANIST」が集まり、ワークショップや活版商品のマーケットを開きます。

活版印刷機を実際に触り印刷できる体験、活版印刷で生まれた紙ものの販売、「活版WEST」による冊子「ニュー活版」の先行販売が行われます。そのほか、ドリンクやフードも一部販売されるとのこと。

 

 

 

 

サテライト会場もチェック

「活版カムパネルラ」(広島県尾道市東土堂町11-2)、「LOG」(広島県尾道市東土堂町11-12)を、サテライト会場として用意。

メイン会場とサテライト会場に設置された全ての活版印刷&スタンプを押印すると、オリジナル缶バッジが手に入るみたいですよ!

 

日本各地から集まった個性溢れる活版印刷所の人とのコミュニケーションを楽しんで!

 

開催情報

日程2023年11月18日(土)19日(日)時間18日は11:00〜18:00、19日は11:00〜17:00場所まちなか文化交流館Bank(広島県尾道市土堂1-8-3)公式HPhttps://www.kappan-west.com

 

ライター/小川 茜

※この記事の情報は2023年11月時点のものです。情報は変更になる場合があります。