瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルSTU48の沖侑果・尾崎世里花が、「ガクテンソク」の2人をゲストに迎え、岡山県倉敷市のブラジリアンテーマパークで絶叫アトラクションに数多く乗る対決に挑みました。(「せとチャレ!STU48」2023年11月2日放送)

 

 

今夜のせとチャレは、瀬戸内で大人気のテーマパーク、1971年開業の岡山県倉敷市「ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド」が舞台。

 

 

お客さんの絶叫が聞こえてくるパーク入口で、「沖ちゃん」(沖侑果)から発表された今回の企画は「絶叫を乗り越えて!岡山絶品グルメをゲットせよ」!

 

 

企画説明の前に、まずは絶叫系に対する耐性を確認。ゲストの「ガクテンソク」(よじょう・奥田修二)のお2人は、絶叫系はイケるクチの様子。

沖ちゃんも絶叫系好きという中、三半規管が弱く、絶叫系アトラクションが苦手という「ぱせり」(尾崎世里花)は戦々恐々。

その4名が、「ぱせり&奥田さんチーム」と「沖ちゃん&よじょうさんチーム」の2チームに分かれて行う対決のルールは、「より恐い絶叫系アトラクションに乗りまくったチームが勝ち」というもの。

園内12のアトラクション&体験を「初級(1ポイント)」「中級(2ポイント)」「上級(3ポイント)」に応じて番号を振っていて、2チームは、それぞれ3つのカテゴリーの中から番号を指定。指定した番号が何のアトラクションかは分からないので、ドキドキしながらも果敢に高得点を狙っていくのが勝負のポイント。

 

 

しかも、相手チームが乗った番号は乗れないという椅子取りゲーム的な要素もあります。とにかく恐いアトラクションに、果敢に攻めていかなくてはならない、過酷なルールですが、対決スタート!

 

 

沖ちゃん&よじょうさんチーム、最初に選んだのは「中級の7番」。そのアトラクションとは、「チューピーコースター」。高低差約40m、342段の階段を登りきった頂上にそびえる、まさに王道のジェットコースターです。

 

 

階段を上り切った2人は最前列に座り、やる気満々でスタート。しかし、身体にかかる大きな負荷に、よじょうさんの肉体が耐え切れず「恐い」ではなく「痛い」の叫びを連発。「負荷に耐えれなかった」というよじょうさんの疲労感が残る中、続けて2つ目のアトラクションへ。

 

 

選んだ番号は「上級の12番」、それは同じく頂上にそびえるひときわ高いタワー、その名も「ターボドロップ」。地上約60m、海抜では何と約200mの高さから、一気に落ちるスリル満点の絶叫アトラクションです。

 

 

しかし、頂上からの景色はまさに絶景。瀬戸大橋を一望できるのも魅力です。

いざ、ターボドロップに挑もうとした矢先、何とよじょうさんの手持ちカメラに不具合が発生します。

よじょうさんカメラが録画できていないトラブルが起きるも、修正は間に合わず。

画が撮れない中、ターボドロップ!急降下から絶叫でぐったりするよじょうさんに、スタッフから「もう一回乗って、絶景を撮ってください」という残酷な一言が。

 

 

ということで、無事(?)2回目のターボドロップに乗った2人。トラブルはありながらも、沖ちゃんチームは5ポイント獲得。

 

一方、絶叫系が苦手のぱせり&奥田さんチームは、ぱせりのコンディションもあり、「初級の1番」を選択。

乗るアトラクションは、「レインボーワープ」。このアトラクション、ざっくりいうと「観覧車」。

 

 

しかし、乗り込むゴンドラは足元まで透明の絶叫仕様なんです。絶叫マシンどころか、高い場所も苦手なぱせりは、動揺と暑さのあまり汗だくになりながらも、何とかクリア!

 

 

しかし得点は1ポイント。 奥田さんも「地味にめちゃくちゃ恐かった」と不満を漏らす中、ぱせりは次のアトラクションに悩みます。

初の「せとチャレ」MCに気合十分のぱせりですが、その気合は想像をはるかに超えるものだったんです。今回のロケに「命を懸けてきた」というぱせり。

 

 

親にも「今までありがとう」と言い残してロケに来たぱせりが選んだのは、何と「上級の10番」!

 

 

園内でも屈指の絶叫度を誇る10番のアトラクションは、「スタンディングコースター」。立ったままの姿勢で、垂直・水平の2つのループを駆け巡る絶叫系の最高峰です。

 

 

しかし、ロケへの覚悟が決まっているぱせり、見事アトラクションクリア!

 

 

3ポイントゲットして覚醒したぱせりが続いて選んだのは、またしても上級。

果たしてそのアトラクションとは?

 

 

そして、沖ちゃんチームが挑むアトラクションも、意外な恐怖が待っていました。

秋晴れの絶叫対決は、後半戦へ!乞うご期待です。

 

また、放送では9月末から10月9日まで開催された「激辛だけじゃないグルメ祭り2023」での、ここあ(甲斐心愛)&みちゅ(今村美月)による現場リポートの模様をお届け。イベントに向け2人が開発した癒やし系ラッシー「ぷるジャリ食感あたラッシー」は、整理券配布を求めた行列も出来て、チケットは完売。

 

 

大好評でイベントは終わったのですが、実はその裏で、ラッシーの癒やし効果を検証していました。

2人にはそれぞれイベントで販売された激辛グルメを用意。ここあは「激辛餃子」、そしてみちゅには「激辛パエリア」が。

 

 

そしてこのパエリアが、事件を起こします。最初にパエリアを食べたみちゅ、あまりの辛さに悶絶。

 

 

しかし、ここあは「激辛餃子」をじっくりゆっくり味わい、なかなかみちゅがラッシーにありつけません。

そうしている間に、みちゅは号泣。比較的ダメージが少なく、大笑いのここあですが、パエリアを口に入れたら表情が一変。

かすれた声の「たすけて・・・」が、実食テントに響いたのでした。

 

 

しかし、ラッシーの癒やし効果はバツグン!検証ロケは2人の尊いチャレンジのおかげで大成功に終わったのでした。

 

 

次回のせとチャレ!は、絶叫対決完結編!ぱせりが「鷲羽山ハイランド」最恐の頂きに挑みます!ぱせりの雄姿、ハンカチとともにお楽しみください!

 

■番組情報
次回『せとチャレ!STU48』は、2023年11月9日木曜 深夜0時15分放送

 


ひろしまリード編集部

地元編集部が「広島をもっと楽しく」するヒントを毎日お届け!広島を愛するみなさんに、広島を満喫してもらえるような情報を発信しています。
生活に彩りを添えるウェブメディアを目指し、名前の「リード」には、read(読み物)とlead(案内する)の2つの意味を込めています。