広島ホームテレビの岡本アナが今回訪れたのは、瀬戸内海、宮島の街並み、そして五重塔の絶景が広がる場所。

ここは日本三景のひとつに数えられる宮島にあるカフェ「牡蠣祝(かきわい)」です。

 

 

宮島のカキ料理専門店「牡蠣屋」がプロデュースし、日本家屋をリノベーションしたお店なんです。

 

広島三次ワイナリー トモエ 1,350円

 

牡蠣のオイル漬け 1,300円

 

そんな「牡蠣祝」で楽しめるのは、多くの受賞歴を持つ広島三次ワイナリーの白ワイン・トモエとカキのオイル漬けです。

 

 

まずは白ワインから・・・

岡本アナ「フルーティーでさっぱりしているので飲みやすいです」

 

 

気になるカキとの相性は?

「コクがあってカキのうまみがギュッと詰まっています。白ワインがその味を引き立たせてくれていて、おいしいです」

 

牡蠣祝 西野真央さん

 

「牡蠣祝」の西野真央さんにお話を伺いました。

「島内で一つひとつ手作りをしているカキのオイル漬けで、牡蠣屋の本店や姉妹店(GEBURA SISTER)で店頭販売しています。お土産にもおすすめです」。

 

牡蠣屋のオイル漬け 1,550円

 

「牡蠣祝」や「牡蠣屋」で販売されている商品は、宮島周辺で獲れた高品質なカキを、味付けからパッケージまですべて宮島で製造しているのだそう。

カキのオイル漬けやオイスタードレッシング、塩辛、佃煮といったカキの加工食品はオンラインショップからも購入ができます。

宮島の絶景とともに、白ワインとカキのマリアージュを味わってみてはいかがでしょうか。

 

牡蠣祝

住所広島県廿日市市宮島町422電話番号0829-44-2747(系列店「牡蠣屋」)営業時間金〜月:12:00〜16:00
火〜木:12:00〜15:00定休日不定休料金広島三次ワイナリー トモエ 1,350円
牡蠣のオイル漬け 1,300円

 

広島ホームテレビ『ピタニュー』(2023年11月17日放送)

「ググッと。瀬戸内」

※掲載された記事・情報は、取材当時のものです。予めご了承ください。



ひろしまリード編集部

地元編集部が「広島をもっと楽しく」するヒントを毎日お届け!広島を愛するみなさんに、広島を満喫してもらえるような情報を発信しています。
生活に彩りを添えるウェブメディアを目指し、名前の「リード」には、read(読み物)とlead(案内する)の2つの意味を込めています。