東京駅で人気の餡子とバターの菓子ブランド「岡田謹製あんバタ屋」。北海道産の「えりも小豆」を炊いて作り上げたこだわりの餡子とバターを組み合わせたお菓子で知られる人気店です。

そんな「岡田謹製あんバタ屋」のお菓子が、2023年11月21日(火)〜2023年11月27日(月)までの期間限定でそごう広島店に初登場しますよ!

 

No.1焼き菓子はあんバタフィナンシェ

 

 

 

「これぞ和洋折衷。土産に良しな洒落た品」。

フィナンシェから沸き立つエキゾチックな「バター」の香り。岡田謹製あんバタ屋が誇る「餡子」の妥協なき風味と口当たり。すべてを逃さぬよう高温で香ばしく焼き上げ、土産に良しな洒落た品に。

 

【商品情報】
6個入 税込1,620円
12個入 税込3,240円

 

あんバタパン

 

 

「かじってみれば、文明開化の味がする」。

岡田謹製「餡子」には、たいへん希少な北海道産「えりも小豆」が使用されています。

惜しみなく丁寧に炊き上げられ、風味良好、口当たり良しな餡子を驚くべきふくよかなパンで、塩味のきいたバタークリームと共に贅沢に閉じ込められています。

 

【商品情報】
1個 税込324円 ※1日数量限定

 

出店情報会場そごう広島店B1 催事場期間2023年11月21日(火)〜2023年11月27日(月)営業時間10時〜20時(そごう営業時間に準ずる)※営業時間が変更になる場合があります

ひろしまリード編集部

地元編集部が「広島をもっと楽しく」するヒントを毎日お届け!広島を愛するみなさんに、広島を満喫してもらえるような情報を発信しています。
生活に彩りを添えるウェブメディアを目指し、名前の「リード」には、read(読み物)とlead(案内する)の2つの意味を込めています。