元広島東洋カープの“アベちゃん”こと安部友裕さんと、“レン”こと中田廉さんの2人によるドライブ旅「アベレン」。カープの松山竜平選手と、病と闘う男性との物語をご紹介します。

 

前回のアベレン:https://hread.home-tv.co.jp/post-345339/

 

【黒瀬町の喫茶店に行きたい理由】

 

またもや指令カードを出す松山選手

 

道の駅を後にした一行。最後に向かうのは、黒瀬町にある「喫茶店 えんどうまめ」。

個人的にどうしても行きたい場所、と松山選手が語るこの喫茶店。

その理由は?

「ユニホームにサインを頼まれて。頼んできた人の友人が俺のファンみたいで。

喫茶店をしているんだけど、癌になってしまって、元気づけてほしいっていうことでサインをして。元気になったみたいなので会いに行きたいなと」

 

番組出演が決定し、事前にお願いしたアンケート。黒瀬町の喫茶店のマスターに会いたいと答えてくれていた松山選手

 

松山選手は喫茶店の名前もマスターの名前も知らない状態でした。

そこで、『アベレン』が奮起!

お店を調べて探し出すことに成功しました。

 

『アベレン』やるやん!

 

実は、松山選手と喫茶店マスターの物語は、中国新聞でも紹介されていました。その記事に掲載された写真が、お店を見つけだす手がかりとなりました。

 

【感動のご対面】

「喫茶店 えんどうまめ」に到着。

マスターには、番組の特集取材をするとだけ伝えており、松山選手が来ると伝えていません。

いざ、サプライズ訪問。

 

感動のご対面

 

「松っちゃん…(ハート)」と感無量な様子のマスター

 

「おかげで元気になった」と話すマスターの脇 邦彦さん。地元・黒瀬町で、長年愛される喫茶店を家族で経営しています。

2022年に膵臓がんが発覚。

ご家族ですら「もうダメなのかな」と思ってしまっていたと話します。

 

味覚障害になったり、気を失うこともあったそう

 

闘病中の支えとなったのは、大好きな松山選手の活躍。

「『鹿児島のじいちゃん、ばあちゃん』っていうあのインタビュー。あれで(松山選手の)人柄が好きになった」
と話すマスター。

 

カープファンなら誰もが知る松山選手のインタビューフレーズ

 

松山選手とマスターをつないだのは、マスターの中学からの同級生たち。

膵臓がんになったマスターを励ますために、同級生たちが松山選手宛に手紙を書いてくれたのです。

「ずっと応援してくれてると聞いていたし、友人の方から強く頼まれたと言われて。協力しないと男じゃねぇなって」

マスターの手術後、手紙を目にした松山選手から贈り物が届いたのです。

 

松山選手が贈ったサイン入りユニホームとグローブ

 

手紙を書いてくれた友人たちと、マスターの奥様も、松山選手とサプライズ対面。

 

絵に描いたように驚いてくれるご友人。テレビ的にはありがたい

 

松山選手に会い、思わず涙ぐむマスターの奥様

 

さらに、この日、松山選手は自身が使っていたバットをマスター夫婦にプレゼント。

「今年はお身体に気をつけて。球場で待っています」

と松山選手。

プロアスリートとしてあるべき姿勢を見せていただきました。

 

次回、元サンフレッチェ広島の森﨑浩司さんが『アベレン』に参戦。

お楽しみに。

 

広島ホームテレビ『ピタニュー』(2024年2月13日放送)

ライター:神原知里