岡山市内の観光スポットといえば、日本三名園のひとつである『後楽園』や、漆黒の外観がひときわ存在感を放つ『岡山城』。周辺にはお洒落なカフェや雑貨店が立ち並び、日中に散策して楽しむという人も多いのではないでしょうか。

そんな人にはぜひ、夕方から夜にかけての後楽園・岡山城も楽しんでいただきたい!今回は桃ボート乗船からはじめる、おすすめの過ごし方をご紹介します。

 

『桃ボート』で夜を満喫するマインドを整えよう

2018年にできて以来、SNSでも人気を博している『桃ボート』。岡山城を眼前に「生誕前の桃太郎はこんな風にどんぶらこ〜と川を漂っていたのだろうか」と思いを馳せながら擬似体験することができます。

キャッチーな見た目とは裏腹に、旭川の穏やかな水面を見ながら『桃ボート』上で過ごす時間はとても静か。夕日が醸す哀愁に後押しされ、さながら時雨のように心がしっとり落ち着いてきたら、それはもう仕上がったも同然。

夜の美しさを楽しむべく、徒歩5分ほどの距離にある後楽園の『幻想庭園』へ向かいましょう。

 

毎年、春・夏・秋に開催!後楽園の『幻想庭園』

 

到着すると、そこには幻想的にライトアップされた夜の後楽園が。

後楽園では、毎年、春・夏・秋の夜間に『幻想庭園』として特別開園を実施しています。

春には咲き誇る花々が、秋には綺麗に色づいた紅葉がライトアップされ、それぞれの季節が感じられるとともに、日中とは異なる雰囲気が楽しめます。

時期によって異なりますが、飲食イベントやコンサート、茶道や琴などの和文化体験、来場者参加型のイベントも開催しています。

はじめて行くなら、夏がおすすめ。開催期間が1ヶ月と長く、プロジェクションマッピングによる演出が行われ、体験できる講座も充実しています。

 

岡山城の穏やかな姿が印象的な『烏城灯源郷』

 

 

そして、すぐ近くの岡山城でも毎年春・夏・秋の『幻想庭園』と同じ時期に『烏城灯源郷』を開催。毎年テーマを変えながら、提灯や灯篭などが岡山城の天守やその周辺を柔らかに照らします。昼間はきりっとした黒の強さが際立つ岡山城ですが、周りが真っ暗な夜にライトアップされるとまた別の印象になりますね。

 

[番外編]岡山城天守閣をレンタルしよう

ちなみに、夜の岡山城天守閣が税込100,000円で借りられることはご存じですか?驚愕ですが……、城が、わずか10万円で貸切にできます。

利用時間は17:30〜21:30。懇親会や誕生日パーティーなど使い方はその人次第!記憶に残る集まりになること間違いなしです!!

いかがでしたか?夕方から夜にかけての後楽園・岡山城の過ごし方をご紹介しました。日中とはまた違う景色を見ることができるので、ぜひ行ってみてくださいね!

 

桃ボート
住所/岡山県岡山市北区後楽園1-6(後楽園外園)
TEL/086-272-1605(受付のカフェレストラン『碧水園』につながります)
利用時間/9:00〜17:00(受付16:30まで)
料金/1,600円/1舟20分間(最大3名[大人2名・小人1名])
定休日/不定休
https://www.okayama-kanko.jp/spot/14828

後楽園『幻想庭園』
住所/岡山市北区後楽園1-5
TEL/086-272-1148
開催時期/毎年 春、夏、秋
開催時間/春・夏18:00〜21:30(入園は21:00まで)、秋17:00〜20:30(入園は20:00まで)
入園料/大人(15〜64歳)410円、シニア(65歳〜)140円、高校生以下無料
駐車場/普通車570台※混雑・渋滞が予想されるため、公共交通機関の利用を推奨
http://genso-teien.okayama.jp

岡山城『烏城灯源郷』
住所/岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
TEL/086-225-2096(岡山城管理事務所)
開催時間/春・夏18:00〜21:30(入城は21:00まで)、秋17:00〜20:30(入城は20:00まで)
入場料/大人400円、小中学生100円
(岡山後楽園と岡山天守閣の共通入場券あり。詳しくはHPをご覧ください)
https://okayama-castle.jp

岡山城天守閣の夜間利用
住所/岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
TEL/086-225-2096(岡山城管理事務所)
利用時間/17:30〜21:30
利用料金/100,000円
https://okayama-castle.jp/gather-utilization/

 

瀬戸内Finder編集部

 

▼記事提供元


「瀬戸内Finder(ファインダー)」は、瀬戸内を共有する7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)の魅力を世界に発信しています。