広島ホームテレビの岡本アナが訪れたのは、盆栽が盛んな広島市の己斐地区。この己斐地区は盆栽発祥の地ともいわれ、現在も造園業が多く残っている地域です。

そんな場所で400年以上の歴史を受け継いできたのが、こちらの庭能花園(にわよしかえん)。

 

 

庭能花園では、蕾から育てる桜のミニ盆栽を作ることができるんですが・・・

 

庭能花園 着能松太郎 社長

 

庭能花園の着能(ちゃくのう)松太郎社長にお話を伺うと、「日本にある桜は300種類以上あるといわれています。(体験は)その時によくある5種類から6種類の桜を使っています」とのこと。

岡本アナ「卒業式や入学式で使われる、啓翁桜(けいおうざくら)と春らしい器を使って挑戦します!」

 

 

 

苗木や土を移し替え、石や苔を使って飾り付けること60分。

 

 

 

岡本アナ「できました〜!目で見ても可愛いですし、桜が咲くまで楽しめるということで、家の中で癒されそうです」

 

 

 

さらに、食べる盆栽として、桜味のどら焼きも!

食べてよし、見てよし!五感で、春の訪れを感じませんか?

 

庭能花園

住所広島市西区己斐上3-16-15-101電話番号082-273-0971営業時間不定休料金桜のミニ盆栽 3,300円(参加費・材料費)+550円〜(鉢代)
どら焼き(桜味)220円

 

広島ホームテレビ『ピタニュー』(2024年2月23日放送)

「ググッと。瀬戸内」

※掲載された記事・情報は、取材当時のものです。予めご了承ください。

ひろしまリード編集部