先週金曜日、待ちに待ったJリーグ開幕戦。

その裏で熱く奮闘していた街が…。広島市にある「横川」です。

新サッカースタジアムができて盛り上がりを見せる横川の街を取材しました。

 

駅のホームにはサンフレッチェ広島の選手の写真がずらり

 

【横川〜新サカスタ応援プロジェクト】

今回、横川を案内してくださったのは「横川〜新サカスタ応援プロジェクト」発起人の岡田高旺(たかお)さん。

 

「横川〜新サカスタ応援プロジェクト」発起人の岡田高旺さん

 

去年12月に行われたイベントの様子

 

「横川〜新サカスタ応援プロジェクト」とは?===
横川駅から新サッカースタジアムまでの道を「横川ビクトリーロード」と名付け、多くのサポーターに横川エリアを楽しんでもらおうというもの
===

 

開幕戦に向けて、「横川ビクトリーロード」のXを開設し、飲食店情報やイベント情報を発信するなど精力的にPRを行っていました。

 

横川ビクトリーロードのXアカウント

 

マップを書いたポスターも作成

 

【いよいよ開幕戦!横川駅周辺の様子は?】

こうして準備をして迎えた開幕戦。横川駅周辺の様子に密着しました。

 

シールラリーや抽選会などで横川ビクトリーロードをPR

 

駅前には手作り感満載のウェルカムボード

 

商店街では、開幕戦に合わせて独自の盛り上げ施策をしているお店も。

「竹田衣料品店」では、紫色の衣料品をお店の前に飾って応援。さらに、スーツ上下で450円、カーディガン500円と、紫色の服を応援価格で販売していました。

 

驚きの安さで開幕戦を盛り上げた竹田衣料品店

 

横川胡子神社もサンフレカラーに染まっていました

 

【新サカスタ応援店】

 

新サカスタ応援店ではお得なサービスを受けられる

 

横川商店街では「新サカスタ応援店」として、試合日にユニフォーム着用またはチケット半券を持参すると、お得なサービスを受けることができるお店が約20店舗あります。

その中の1つ、「つけそば はせ川」をご紹介します。

 

お店の前にはサンフレ選手を紹介する手作りの看板

 

「謹製つけそば」(950円)

 

看板メニューの「謹製つけそば」は魚介と豚骨のWスープが楽しめる、本場・関東のつけそば。試合日に、ユニフォーム着用またはチケット半券を持参すると、麺大盛または120円トッピングのサービスを受けることができます。
さらに、サンフレ色の試合日限定メニューも登場。

 

試合日限定メニュー

 

【試合後の盛り上がり】

開幕戦はサンフレッチェ広島が浦和レッズに勝利。

試合後、横川にある角打ちを楽しめる「山中酒店」へ。

 

店内の様子

 

「チケットが取れず、このお店でパブリックビューイング。酒がすすむすすむ(笑)」

開幕戦の盛り上がりを感じるため、東京から来たというサポーターさん。

ニュースで横川ビクトリーロードのことを知り、ここに来れば何か動きがあるだろうと思ったそう。

店員さんにも話を聞くと、

「横川ビクトリーロードは新スタジアムが一番きれいに見えると聞き、富山県から来たというお客さんもいました」

 

「普段の10〜20倍人が歩いていると思う」と話すサポーターさん

 

「横川に来てくれた人たちがお店に入ったり、楽しんでもらえるようこれからも盛り上げていきたい」と話す岡田さん。

今後に期待が高まります。

 

広島ホームテレビ『ピタニュー』(2024年2月27日放送)

ライター:神原知里