プライドが高く、超お嬢様である白鳥麗子が巻き起こす突拍子もない珍騒動を描いた大ヒットラブコメディー「白鳥麗子でございます!」。鈴木由美子の原作コミックは続編も含めて累計発行部数1700万部を超え、これまでに3度テレビドラマ化されるなど、時代を超えて愛されてきた。

印象的な「オーホッホッホ」という高笑いをはじめとするお嬢様のイメージを決定付けた名作の中から、1993年に放送されたテレビシリーズ2作と1995年公開の映画が12月17日(土)に日本映画専門チャンネルで一挙放送される。

容姿端麗でプライドが人一倍高い強烈なキャラクターである白鳥麗子は高校生時代、幼稚園の頃から好意を寄せる秋本哲也(萩原聖人)から告白されるも、つまらないプライドから断ってしまう。それでも彼の近くにいたいがために大学を辞め、東京で大学生活を送る哲也の周辺をうろつき始めるところから物語がスタートする。

友人の京子(小松千春)や哲也の親友である高田(彦摩呂)の協力を得ながら哲也への一途な恋心に邁進する麗子だが、そこは筋金入りのお嬢様。わがまま放題で哲也を振り回してしまう。

また、世間の常識からはかなりズレているところがあり、お賽銭代わりにクレジットカードを賽銭箱に入れるシーンなどは最たる例だ。こうした随所に散りばめられた突っ込みどころ満載の描写も見どころの1つといえる。

一方、テレビシリーズ第2弾を経て製作された映画版は、テレビドラマのその後を描いたオリジナルストーリー作品だ。

ガンと診断された麗子の父・正太郎の「生きているうちに麗子の花嫁姿を見たかった」という願いを叶えるために、麗子との結婚を受け入れる哲也。結果として後に誤診だったと判明するが、哲也との結婚を取りやめたくない麗子はその事実を隠したまま結婚の準備を進めたことで新たな騒動に発展していく。

いずれの作品でも強烈なキャラクターである麗子を演じるのは松雪泰子。現在では日本のトップ女優に数えられる松雪も、当時は売り出し中の若手女優の1人。そんな彼女にとって麗子はハマリ役となり、人気女優へとステップアップを果たす出世作となった。

麗子という難役を演じるなかで、今では決して見ることができない貴重な姿も数多く収められている。特に哲也の告白を断るシーンのセーラー服姿は、ファン垂涎のお宝カットに違いない。

圧倒的なインパクトで、お嬢様=白鳥麗子というイメージを世間に植え付けた本作。若かりし頃の松雪の演技にも注目しながら楽しんでほしい。

文=安藤康之

放送情報

白鳥麗子でございます!(全5話)
放送日時:2022年12月17日(土)13:00〜
チャンネル:日本映画専門チャンネル
白鳥麗子でございます!2(全6話)
放送日時:2022年12月17日(土)17:20〜
チャンネル:日本映画専門チャンネル
白鳥麗子でございます!(映画)
放送日時:2022年12月17日(土)22:30〜ほか
チャンネル:日本映画専門チャンネル

※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ