シーズンも終盤に差し掛かり、優勝争いから3位争いまで苛烈を極めているプロ野球。全試合を放送中のスカパー!では、「スカパー!プロ野球12球団応援プロジェクト」の各チームの応援団長たちが最後の応援に力を込めている。

今回は、東北楽天ゴールデンイーグルスの応援団長を務めるかみじょうたけしにインタビューを行い、ファンになったきっかけやチームの魅力について語ってもらった。

――イーグルスファンになったきっかけは?

「元々、プロ野球に贔屓のチームがなく、2005年の球界再編で東北楽天ゴールデンイーグルスというチームができて、お世辞にも強いとはいえないところに『応援しがいがあるな』と思ったんです。『強くなっていく姿を見られたらいいな』と。

具体的なきっかけとしては、2005年の4月にスカイマークスタジアム、今のほっともっとフィールド神戸にオリックスとソフトバンクの試合を見に行った時に、そこで楽天のユニフォームも販売していたんです。肩口のワッペンに『FIRST SEASON 2005』って書いてあって、『今年からこの球団を応援しよう!』と。自分がおじいちゃんになった時に、楽天がそのままあったとしたら、『創設時からのファンや』って言えるじゃないですか(笑)」

――どん底から強くなって、初優勝を飾った時の喜びはひとしおだったのでは?

「いやぁ、めちゃくちゃ嬉しかったですね!24勝0敗の田中様様でした。貯金23で優勝しているので、ほとんど田中将大投手で優勝したようなものですよね。あの時は本当にチームも一つになりましたし、星野(仙一)監督を胴上げしたいというのもありましたし、星野監督が『2年前に起こった震災で苦しまれている方々を絶対に笑顔にするぞ』と言って立ち上がったというのもあって、何重にもうれしかったです」

――チームのどんなところに魅力を感じていますか?

「選手も優しくて、ファンも優しくて、むちゃくちゃアットホームなんですよ。球場に行くと、みんな気さくに声を掛けてくれますし、選手も『かみじょうさん、もっといっぱい来てくださいよ!』とか言ってくれて、すごくウェルカムで。あんな球団、他にないんちゃうかな?

FMラジオ局を持っている唯一の球団なんですけど、そこのパーソナリティの人が試合後に通路を歩いている選手に、普通に『声だけとらせてください!』って声掛けているんですよ。他の球団だと『ちょっと広報を通してくれ』とかあると思うんですけど、選手たちも『全然いいっすよ』みたいな(笑)。松井裕樹投手とか、岸孝之投手とか、田中投手とか、球団の顔みたいな選手に『時報だけとらせてください』って言って、『松井裕樹が12時をお知らせします』とか言わせてるんですよ!もう家族みたいな関係で、応援しているファンも家族や親戚を応援している感覚に近いと思います」

イーグルスへの思いを語ってくれたかみじょうたけし
イーグルスへの思いを語ってくれたかみじょうたけし

――ファームの魅力は?

「強いところです!2軍、めちゃくちゃ強いんですよ。この間も日本一になってくれたし。村林一輝選手とか、渡邊佳明選手、内星龍投手、渡辺翔太投手とか、ファームで鍛え上げた選手がすぐに1軍で活躍してくれるので、そこは魅力だと思います。1軍よりファームの方が強いんじゃないですかね?(笑)」

――ファームの注目選手は?

「黒川史陽選手ですね。プレーも好きなんですけど、人間性というか心意気が好きなんです。高校時代に智弁和歌山で下級生の頃から活躍していたんですけど、星陵高校の奥川恭伸投手(現ヤクルトスワローズ)と延長14回の死闘を繰り広げたことがあって、その時に奥川投手がずっと足がつりかけているのを知った黒川選手は、つらなくなるような効果のあるサプリメントを『奥川、これ飲め』って言って試合中に渡しているんです。自分も勝ちたいだろうに、"試合の勝敗を超えた勝負ができる"という心意気があって、そういう人ってプロでも活躍できるような気がするんですよね」

――本拠地の楽天モバイルパークのいいところは?

「観覧車があったり、メリーゴーラウンドがあったりして、家族で行った時に野球が好きじゃない人も楽しめるというところですね。夏には"夏スタ"って言って、櫓が組んであって夜店も出ていて、2カ月ぐらいお祭りみたいになっているんです。子供や嫁さんはわくわくするし、僕らおっさんはスマイルグリコパークで芝生の上に寝そべってビールを飲みながら野球観て楽しむ。もう最高です!何より、行って家族で揉めないのがいいですよね(笑)」

――最後に応援団長としてメッセージをお願いします!

「気持ちが切れかけているファンの方もおられたと思うのですが、奇跡の8連勝もありながら、まさかのホークスの失速もあり、今は『奇跡のAクラス入りもあるんちゃうか』という状況になって、さっきまで死んでたファンの目も生き返ってきています(笑)。

イーグルスはいつも夏場にヘタるんですけど、7月に貯金をつくったので、8月、9月粘って優勝争いに絡んでいきたいと思っていますので、ファンの人も僕と一緒にイーグルスを応援していきましょう!」

文=原田健