今、SNSなどで話題となっている「ペプシ からあげ専用」を知っていますか。Twitterでは「相変わらず夏場のペプシは攻めるなあ」「あっさりしていて、なかなか良かった」「大量買い決定!」といった感想が寄せられています。
今回、そんな「ペプシ からあげ専用」の商品開発を担当した、サントリー食品インターナショナル ブランド開発事業部の鍵村拓哉さんに取材。唐揚げ専用のペプシコーラを開発しようと考えた理由、ペプシブランドが目指すもの、オリジナルフレーバーにかける思いなどについて聞きました。

ペプシから発売!「からあげ専用」コーラとは?

ーなぜ「からあげ専用」のペプシコーラを開発したのですか?

弊社がさまざまなリサーチを行う中で、コーラと一緒に唐揚げを購入する方が多いことに気がついたからです。唐揚げは、スーパーの惣菜売上ランキング上位にいつもランクインしているほど、多くの方に愛されている食べ物のひとつです。食べるときのお供になるようなコーラが開発できれば、より多くの方に食事を楽しんでいただきながら、「ペプシコーラ」にも親しんでいただけるのではないかと考え、開発に至りました。

加えて、私自身が唐揚げ好きということもあり、日頃から唐揚げとコーラの相性の良さを実感していました。このおいしさをいろいろな方に知っていただきたいと思ったことも、開発のヒントになりました。

ー開発でこだわった点はありますか?

脂っこい唐揚げを食べるときに飲むものだからこそ、見た目や風味を「スッキリ」させたことです。見た目はコーラ独特の濃い茶色ではなく、スッキリ感を出すために、あえて透明に近い色にしました。また、味も通常のコーラよりは、甘さ控えめでスッキリしたものに調整しています。

ー開発にはどれくらいの期間を要したのでしょうか。

約1年です。およそ10名のチームで、毎週のように唐揚げを食べながら試飲を繰り返し、現在のフレーバーを完成させました。

ーSNSなどで多くの反響がありますが、開発担当者として、この状況をどう思われますか?

唐揚げだけでなく、牛丼やチャーハンなど、思い思いの料理とともに多くの方が「ペプシ からあげ専用」を楽しんでくださっているのを見て、やはり「嬉しい」という気持ちが一番大きいです。チームで突き詰めて考え抜いた商品が話題になっていることは、とてもありがたいですし、私としても、今回改めてSNS上で多くのお客様の声を拝見できました。お客様の反響から学んだことを、次の商品設計に生かしていきたいです。

コーラは「エンタメ性」をもった飲料。ペプシが挑戦を続ける理由

ーところで、ペプシコーラは「キューカンバー」「モンブラン」「バオバブ」など、過去にも独創的なフレーバーを数多く発売されていますよね。なぜ、オリジナルフレーバーも開発されているのでしょうか?

それは、私たちが有糖炭酸の中のコーラ市場を、お客様の気分を演出する「エンタメ性のあるもの」だと捉えているからです。炭酸飲料を飲むと、気分がスカッと爽快になりますよね。そんな炭酸飲料の特徴を生かして、私たちも「リフレッシュする時間」や「食事・飲み物を楽しむ時間」を提供していきたいと考えています。

より多くのお客様に楽しさや喜びを感じていただくには、やはり通常のコーラだけでなく、季節の変化や時代のトレンドにマッチした商品も必要なのではないか。そのように考えていることが、オリジナルフレーバーの開発理由です。

ーなるほど。コーラを単なる飲み物ではなく、「エンタメ性」をもった飲料のひとつだと考えているのですね。

そうなんです。お客様に楽しんでいただくという意味では、大元の「ペプシコーラ」自体が、競合の多い炭酸飲料市場の中で「挑戦」を大切にしてきました。コミュニケーション施策の一環であるテレビCMや広告でも、お客様に「おもしろいな」と感じていただけるよう、あえて挑戦的なメッセージを入れ込むことも少なくありません。

今、世の中には目をそらしたくなるような暗いニュースも多いですよね。そんな中で、お客様と日常的に接点を持つ「炭酸飲料」にできることは、少しでも気分が明るくなるような仕掛けをつくることだと思っています。今後もお客様の日常の中に「ちょっとした楽しみやワクワク感」を提供できるよう、商品開発からコミュニケーション施策まで、挑戦し続けたいと考えています。

ーちなみに、オリジナルフレーバーの中で、特に人気の商品はありますか?

2007年6月に発売した「ペプシアイスキューカンバー」です。キュウリ味のコーラを目指したこのフレーバーは、今でもSNSなどで復活を望む声を目にします。一度は飲んでみたくなるユニークな商品として、ありがたいことに多くの方の印象に残っているようです。

私たちはオリジナルフレーバーを開発するとき、お客様にリフレッシュや楽しい時間を提供するとともに、多くの方にコーラを親しんでいただくきっかけをつくることを軸として、アイデアを検討しています。お客様の興味を誘い、「飲んでみたい」と思っていただけるようなフレーバーを、今後も開発していきたいと思っています。

ーさいごに、読者へのメッセージをお願いします。

今回の「からあげ専用」フレーバーのように、今後もお客様にワクワクしていただけるような商品や気分転換につながる商品、感動していただけるような商品をつくっていきたいと考えています。ぜひ、今後のペプシコーラにも、ご期待いただけたら嬉しいです。ペプシを何卒よろしくお願いいたします!

市岡光子