スパゲッティの食品サンプルを興味深く見つめる猫たち。「おいしい匂いがしニャい……」「これは何の食べ物だニャ?」と、まるで猫たちの会話が聞こえてくるよう。この表情豊かな猫たちの写真を撮影したのは、平日は会社員、休日はアマチュアカメラマンとして活動するMARCOさんです。

MARCOさんは週末に、おでんにちなんだ名前をつけた4匹の保護猫「おでんカルテット」と、実家の犬猫3匹「飯闘呼組(いとこぐみ)」のユーモアあふれる写真を撮り続けていて、9月17日からは、札幌市で写真展も開催しています。

レンズ越しに見る猫の表情に魅せられて

旅先用に購入したミラーレス一眼カメラで飼っている猫を何気なく撮影したMARCOさん。撮っていくうちに、レンズ越しに見る猫の表情に魅了されたそうです。

「たまたま自宅に猫がいたので撮ってみたら、めちゃくちゃ写りがよくて感動してしまったんです。最初はカメラの性能に感動していたのですが、そのうち猫って、肉眼では見えない表情がカメラの中に写る……そんな世界を感じて徐々にハマっていきました」

一般的に、“呼んでも来ない”のが猫の習性ですが、MARCOさんはそのマイペースなところこそが彼らの魅力だと話します。

「猫ってとことんマイペースなんですよね。マイペースだけど、自分のやりたいことには一生懸命なんです。それが表情としてグッと出るんだと思います。その一瞬を切り取って、おもしろい一面も知ってもらえたらなって」

おでんカルテットのうちの1匹「がんも」も食べ物が大好き。食べ物を机に置いていると自然に表情に現れるのだそう。その一瞬を撮影しています。

「猫って1回嫌になると二度と来てくれなくなるので、根気よくやっています(笑)ガチガチに気合を入れると大体うまくいかない気がするので、相手を楽しませるようにやっています」

猫との暮らしに寄り添いながら

平日は仕事をし、休日のみアマチュアカメラマンとして活動するMARCOさんですが、今のバランスがちょうどよいと話します。

「老後まで末永く趣味で写真を撮りたいので、仕事という世界もありつつ、写真の世界もありつつっていう、今の状態がちょうどいいなと思っています。猫たちとの生活も大切にしたいので、毎日カメラを構えているのも、それもどうかなって思いますし。暮らしの中で撮っていけたらいいですね」

猫との暮らしを大切にしているMARCOさんだからこそ、それぞれの猫たちの魅力的な表情を引き出せるのかもしれません。

MARCOさんの写真展は、9月17日から22日まで札幌市の富士フィルムフォトサロン札幌で開かれています。おでんカルテット、飯闘呼組の写真を含め、計63点を展示しています。おでんカルテット、飯闘呼組の写真は、MARCOさんのInstagramでも公開中です。

ほ・とせなNEWS編集部