川の中に設営してしまうグッドメローキャンプ流の夏キャンプ

冬や雪のイメージを強く持たれがちの新潟県ですが、意外と夏はしっかり暑いんです。真夏はもちろん、残暑が厳しいシーズンにキャンプするときは、やはり「涼」を求めて、水辺や標高の高い場所でキャンプをすることが多いと教えてくれたのは、女性8人のキャンプユニット〈グッドメローキャンプ〉のPEKOさん。特に最近よく行くのが、川辺でのキャンプだとか。

「川でキャンプするときは、川の中にコット(簡易ベッド)やタープ、イスを置いてしまいます!」

足首くらいの深さであれば、そのまま川の中に設営してしまうようです。イスに座りながら足をチャプチャプ。コットの上に寝転びながら下を川が流れていく。その上にはちゃんとタープを張って日除けも万全。最高の涼み方です。

川の中に置いたコットの上でゴロリと読書。

ちょっと憧れるこのシチュエーション、PEKOさんもそれに適した川を探し、川の中に設営するのは「いつものこと」だと言います。

「飲み物を川で冷やして飲んだり、時にはそのまま川にドボンと入ったり。注意点として、ちゃんと浅瀬で、流れがゆるい場所を選んで、設営したものが流されないようにしてください。私たちは長めのペグ(ロープを地面に固定する杭)を用意して打ちつけ、その上に石を置くなどして、きちんと固定しています」

しっかりとタープは固定して。

かつては「重たいキャンプギアしか持っていなかった」と言うPEKOさんですが、夏キャンプを本格化してからは、ギアについても見直したようです。

「持っていくギアは、かなり少なくして軽装で行きますね。真夏は、キャンプギアを車から下ろして設営するだけで体力を奪われるし、汗だくになって疲れてしまいます。だからなるべく軽くして、簡単に設営できるものを用意しています」

荷物を少なくしていくことが快適に過ごすコツのようです。それでも夏は暑くてテントの中に入るのがつらいことも。だからテントやタープは、なるべく夏でも涼しいものを選択。風の抜けが良く、開放的なものがベター。大きく開けてタープのように使用できるテントがおすすめだそう。

風が通り抜けて、見晴らしもいいテント。

「通常は大きいテントでみんなで寝ることが多いのですが、夏はみんなそれぞれ軽いソロテントを持ってきます。そのほうが涼しい。ひとつの大きなタープを囲むように建てれば寂しくもありません」

みんなソロテントを持ち寄る。

食は辛いものと冷たいもの

「夏はあえて辛いものが食べたくなる」と言うPEKOさん。共感する人も多いのではないでしょうか。もちろんキャンプでも「そのときに食べたいもの」を持ち込むのがグッドメローキャンプ流。

「最近はエスニック系が好きです。カオマンガイはよくつくりますね。意外と簡単なんです」

川の上のテーブルでカオマンガイ。

カオマンガイとは、ゆでた鶏肉と鶏ダシで炊いたお米を合わせたタイ料理。PEKOさんは、これに〈LOVE PAKU〉というソースをかけていただくのが好みだそうです。ほかにも同じくタイ料理の春雨サラダ「ヤムウンセン」もレパートリーのひとつ。

簡単で定番なのが、そうめん。

夏といえばそうめん。定番の食べ方以外にも具材を工夫したりナンプラーで味つけしたりして、エスニック料理風にアレンジ。アイデア次第で、キャンプごはんの幅も広がりそうです。

エスニックな料理ですが、麺はそうめんを使用。
ヤムウンセンと沖縄料理の数々。

「夏はお肉よりも海鮮系が多いと思います」というPEKOさん。海鮮市場などで魚を調達してアクアパッツァやパエリヤをつくることが多いそう。

パエリヤを豪快に。

そしてなんといっても、夏は瑞々しいフルーツ! スイカや桃などは川で冷やしてそのまま食べるのが一番だとか。

かき氷もフルーツを添えて。

ほかに、沖縄料理やメロンソーダなど、夏らしいものをつくっているそう。グッドメローキャンプはキャンプごはんを、枠にとらわれずに楽しんでいます。

メロンソーダにアイスを乗せて。

夏キャンプのこんな遊び方も

暑さを避けるために、夏のキャンプは早起きすることがおすすめ。自然と朝の時間を有効に使えます。

「暑くて夜の焚き火とかをしなくなるので、早寝早起きになりますね。ちょっとトレッキングでも行こうという話になって、近くの山を登って朝日を見たりするのもいいですよ」

SUPを持って、車で水辺のギリギリまで行ける。

十日町市にある〈越後妻有大厳寺高原キャンプ場〉には湖があり、SUPの持ち込みが可能です。PEKOさんも夏はSUPを持ち込むことが多いのだとか。

「ここは車が乗り入れられるので、SUPのような大きな荷物があるときに便利です。標高が高いおかげで、なんとなく夏でも涼しく感じます」

海でも、波がなければSUPを漕いで進んでいくことができます。粟島に行ったときにはすばらしい体験ができたとか。

「釣り道具を持って行って、少し沖まで出て、SUPの上から釣りをしました。結構釣れますよ。あと波がおだやかなときに、SUPで進んで行ってみたら、海からしかアクセスできない岩場を発見。その場所の水がすごくきれいで感動しました」

粟島のとある場所は、こんなにも水がきれい。

新潟の川キャンプに適した場所とは

さまざまな夏キャンプを楽しんでいるグッドメローキャンプのみなさん。キャンプ目線で新潟の川を見ると印象が変わったようです。

「キャンプの目線で浅瀬の川を検索したら、新潟にはすごくいい場所がたくさんあることに気がつきました」

川といっても上流から下流まで、流れや深さはさまざま。そこでPEKOさんが夏キャンプにおすすめの川スポットを教えてくれました。

新発田市の加治川にある〈岡田の天然プール〉
五泉市の仙見川にある〈仙見川ふるさとづくり河川公園〉
三条市の五十嵐川にある〈リバーパーク八木ヶ鼻〉
湯沢町の魚野川にある〈土樽自然公園〉

「最近はテントサウナが流行っているので、私たちもやってみました。やはり水風呂代わりに川に飛び込むのが最高ですね。そういう意味で、テントサウナをよくやっている人たちはいい川を知っているので(笑)、川の情報交換をしました」

テントサウナも川との相性が抜群。

ただし、行きたい川すべてが設備が整ったキャンプ場というわけではありません。

グッドメローキャンプでも、行く前に「キャンプが可能か?」「バーベキューが可能か?」など、電話して確認するそうです。マナーも一緒に持ち合わせながら、天候を確認するなど安全性にも配慮して、新潟の夏のキャンプを楽しんでください。

Profile GOOD MELLOW CAMP

自分たちらしいこだわりのキャンプスタイルを、Instagramを中心に発信し続けている女性8人組のユニット。ラグジュアリーなアウトドアスタイル・グランピングの枠を飛び越え、このユニットにしかつくれない独自のキャンプスタイルを確立しています。GOOD MELLOW CAMP Instagram

credit 写真提供:GOOD MELLOW CAMP