田畑の真ん中にあるログハウス

農地の間に佇む日本の昔ながらの家塀。その奥に見えるのはアウトドアテイストのログハウス。阿賀野市でこのユニークな景観をつくり出しているのは、中澤さん一家です。

阿賀野市でカフェを経営し、家族4人で暮らす中澤瑞大さん。実は、同じ敷地内に生家があります。二十歳までここで生まれ育ち、一度新潟市で暮らしたあと2020年にUターン。2022年には実家の敷地内に戸建てを建てました。立派な日本家屋の横並びにログハウスが建つことになりました。

住宅メーカー〈BESS〉の「カントリーログ」モデルを建てた。

「最初から家を建てるという目的で帰ってきました」と語る中澤さん。大きなきっかけは子育てだといいます。

「新潟市ではモダンな2LDKのアパートに住んでいました。まったく木の雰囲気ではなく(笑)。私自身がここで育ったということもあって、まちなかより田舎で子育てしたいと思っていました」

中澤瑞大さん、麻里さん、そして3歳と0歳1か月の子どもたち。

そこでまず気になったのは住環境。都心部にも公園はありますが……。

「ここなら我慢しなくてもいいですよね。もちろん都心部の公園などでも走ったりできますが、その周辺にはどうしても住宅やいろいろな施設があって、どこかで子供を抑えないといけない、ということがあると思うんです。ここでは車の交通量も少ないですし」

何も気にせず遊ばせたいという気持ち。特に騒音は、子育てにおいて気になるトップ課題です。

「それなりに広い家を建てたとしても、それでも家のなかで走り回ったり騒いだりすると、周辺への騒音を気にしてしまいます」

ということで、周辺を気にしないでいい環境を選びました。今は家族3人で家の中を走り回っているようです。冬が終われば、遊びのフィールドは外へと広がっていきます。近くに桜並木の「散歩コース」があるので、寒くなる前は毎日歩いていたとか。桜が開花すると窓からも見えるといいます。ほかには外で土遊びをしたり、自然環境も満喫しているようです。

1階のダイニングスペース。

新潟市から車で30分程度。都会にも近いとはいえ、田舎特有の「濃い」コミュニケーションも残っています。それを敬遠する人もいますが、中澤さんは、ここで育ったからこそ、その魅力を実感しています。

「100人ちょっとの地域ですが、その全員が、この子が誰の家の子かわかっている。家族構成を知っている。そういう意味では安心です。だれか子供が泣いていると『あそこの子が泣いているな』ってすぐにわかる。こうした『濃いことの利点』は、自分が子どもを持ってみてわかったこと。自分が中学生くらいの頃はちょっとイヤでしたね(笑)。お節介といえばそれまでですが、田舎ならではのセキュリティでもあります」

中澤さんが、この地域で育ち、その文化を知っていることは大きいと言います。「もしまったく知らない土地に移住してきて、この濃いコミュニケーションを浴びたとしたら、つらいかもしれませんね」と笑います。

玄関脇のスペースは壁も活用。釘などを打っても気にならない。

ただし子育てにおいては「何かあってからでは遅い」といいます。それを回避できる地域での子育てをポジティブにとらえています。かつては「地域で子育て」していました。それをそのまま現代に当てはめることはできませんが、良い部分は残していきたいもの。

「地域を歩いているだけで全員から話しかけられるので、人見知りしなくなりました」

特別なあしらいをしなくても、普段の暮らしのなかにコミュニケーションがあります。外で遊んでいるだけでコミュニケーションが生まれます。

「もし新潟市で公園に連れて行ったとしても、多分、周りの人に話しかけさせなかったと思うんです。そうしたら、人見知りになった可能性もあったでしょうね」


木が育む子育ての味わい

釣りが趣味だという中澤さん。それゆえアウトドアなテイストを感じられるログハウスを選び、薪ストーブも導入しました。木のぬくもりを存分に感じさせる内装。無垢の木材には、味わいがあります。

伝統的日本家屋で育った中澤さんが、このログハウスが「じんわりあたたかい」と言います。保温性が高く、薪ストーブやエアコンの使用も最低限でいいとのこと。

「うちの実家は家の中に入っても外の寒さなので(笑)」

日本家屋は隙間も多く(それが魅力でもありますが)、ここは雪が降る地域。子育てにおいて、室温としても、気持ちとしても、あたたかさは重要かもしれません。

たくさんの〈トミカ〉を保有。〈JEEP〉が好きだとか

「子どもは走るし、転ぶ。そんなときでもコンクリートやほか床材とはぜんぜん違います。裸足で歩いて気持ちいいことが一番ですよね」

3歳の長男は、自分が走る以外にも、車を走らせるのが大好き。そんなときにも木の家はいいのだとか。

「うちの子は〈トミカ〉(ミニカー)が大好きなんです。もう200台くらい持っています。それを家中で走らせています。映画の真似をして高いところからジャンプさせたり、投げたり……。だからよく見たら床も壁も細かな傷だらけなんです。普通の家だったらめちゃくちゃ怒られるんだろうなと」

もしくは、そうやらないように誘導していたことでしょう。しかし中澤さん夫婦は全然気にしないといいます。細かな傷も、味わいとともに思い出になっていく。それが木の家で子育てする最大の利点かもしれません。

2階へ上がると、この空間が広がる。

この家を建てる際、カタログの本来の間取りから、2階の1部屋を減らしたといいます。

「子どもを部屋にこもらせたくないので、部屋をひとつ減らして広いスペースを確保しました。いまも一応子ども部屋のようなものはあるのですが、この1年間、ほとんど使っていませんね。部屋の中で遊んでいたら、なにかあったときに気がつきにくい。でもこの間取りなら、どこにいてもお互いの声が聞こえます。今は3歳ですが、小・中学生になっても、きっとあまり変わらないと思います」

取材中も、インタビューをしているダイニングテーブルの周りや、リビング、1階と2階をずっと往復していました。取材陣に臆することもなく、目の届くところで元気にトミカを走らせていました。

2階で子どもが遊んでいても、その存在感を感じられる。

好きなものを好きといえる人に

田畑の真ん中で、立派な日本家屋の敷地内に建つログハウス。お父さんはカフェ経営。こうしてスペックを聞くと、かなり特徴的だと思えます。もちろん中澤さん夫婦の嗜好性ではあるものの、「狙って」やっている部分もあるようです。

「僕は普通の会社員ではないし、好きなものがはっきりしていると思うんです。料理が好きで、接客が好き。好きだからカフェをやっているというモチベーションです」

コーヒーを淹れるのはお手のもの。

ちょっと主張が強いくらい、好きなものをはっきりさせること。それを子どもにも伝えたい。

「同様に、ログハウスが好きだからこの家に住んでいるんだよとはっきり子どもに言いたい。お父さんとお母さんはこれが好きで、こういう仕事をしているというのをこの子に見せてあげて、体感させてあげて。そのうち子どもにも好きなものができていけば、それが親としての務めになるのかな。好きなものをはっきりさせるのがいいと思っています」

3歳の長男は、保育園に通っていません。同じ敷地に住む、おじいちゃんおばあちゃんが見てくれるそうです。Uターンしての子育ての利点を最大限に活用しながら、ここにも「みんなと同じ道である必要はない」というメッセージがあるようです。

中澤さんが経営する〈Book & Cafe Koti〉のオリジナルカップにコーヒーを淹れてくれました。

中澤さんの子育て哲学は、「好きなものは好きといえる」こと。なんとなくではなく、筋を1本持ち、ちゃんと意見を持ち、個性を持つ。そんな思いが家や暮らしにも込められていました。

「子どもにやりたいことができたら応援したいですし、それを否定したくない。決めたことに対して悩ませたくないんです」

下部にオーブンが付き、料理ができるタイプの薪ストーブ。焼き芋が絶品だとか。

ちょっと個性的なログハウスでの暮らしが、どんな大人に成長させてくれるのか、将来が楽しみです。

credit  text:『にいがたのつかいかた for Family』編集部 photo:今井達也