2年前に購入したマンション。リノベーションされたリビングはひと部屋潰してくっつけたため広々使えるのは、とても良いのですが物を持たない夫婦にとっては何だか殺風景でして。

シグネチャーになるライトを取り付けたいね。と夫婦で話し合いをして早2年。インテリアの趣味が互いに違い、これは?とお互い提案し合っても全くゴールが見えず。ここは奇をてらわず王道と言われているインテリアはお互いの好みが今後変化しても、周りに馴染んでくれるのでは?となり、 ルイスポールセンから出ているポール・ヘニングセンの
PH5 コンテンポラリーに落ち着きました。

北欧デザイン大好き!という二人ではないのですが、世界で愛されている名品とあって主張しすぎず、部屋に溶けこんで、でも、部屋の顔になってくれて。納得の照明器具でした。

計算され尽くした照明はとても快適で、ダイニングテーブルで食事をする時間がいつもより長くなってるかも!?と夫婦円満に一役かってくれたみたいです。

アラフォー読者モデル「Marisol美女組」NO.107 ウマキ