運動会や修学旅行が中止・延期になるなど学校行事にも大きな影響が出ています。

 「ソーラン節を踊っただけQ徒競走はAない」

 札幌市立中央小学校に通う5年生の星野青葉ちゃん。

 実はきょう、9月14日は延期された運動会が行われる予定でした。

 【お母さんは…】

 「緊急事態宣言が延びたので参観もなしで子どもたちだけでやった」本来、今月11日に行う予定だった運動会は緊急事態宣言により中止に。

 代わりに14日の体育の授業を保護者が参観する予定でしたが宣言の延長で、それも中止に。

 先生たちが子どもたちの様子を撮影し後日保護者が学校で見るカタチになりました。

 【星野青葉さん】

 「運動会っていう感じはなかったただソーラン節を踊って撮られただけ来年は6年生すごいねって言われてお母さんお父さんが見に来てくれる運動会が良い」

 運動会だけでなく修学旅行も延期が相次いでいます。

 札幌市教育委員会によりますと延期となったのは市内の小学校196校のうち168校、中学校は97校全てです。

 キャンセル料は小中高校あわせておよそ2億2000万円に上るということです。

 修学旅行だけでなく移動の自粛要請により影響を受ける観光業界そこでJR北海道が手を組んだのが・・・。

 【本吉記者レポート】

 「メッセージカードをいただきました。

 列車のなかでおもてなしをおこなっているのはJALの客室乗務員の方です」JRの車内サービスを担当するのは日本航空の客室乗務員!JR北海道と日本航空、JTBが連携して運行する観光列車、「HOKKAIDOLOVE!ひとめぐり号」

 【客室乗務員アナウンス】

 「本日はご乗車いただきありがとうございます」

 緊急時宣言があける来月9日からの運行を前に14日は車内アナウンスなどの接客練習を行いました。

 ツアーは、札幌市を出発し道東方面に向かいます。

 3泊4日でトマムや知床、層雲峡に宿泊します。

 気になるお値段は、13万5千円から。

 現在、予約は半分ほど埋まっているということです。

 【JAL客室乗務員馬場香織さん(札幌出身)】

 「列車内でのサービスで緊張しておりますが飛行機でのサービスを生かしていきたいと思っております」